社会科学ゼミナール

ニュース一覧

一覧
ニュースはありません。

スケジュール一覧

一覧
イベントはありません。
部会名 社会科学ゼミナール
創部年 2003年
部会長・顧問 平野 健(商学部教授)
監督・指導者  
主将・委員長 伊藤佳織(文学部3年)
主務  
部員数 24名
活動場所 多摩キャンパス
部室・連絡先 sya.semi2012@gmail.com
活動日時 水曜6限以降(18:45~21:20):現代社会における社会問題について研究する「現代問題研究会」 土曜3限:全体ミーティング 土曜4・5限:K・マルクス『資本論』についての研究会である「資本論研究会」
年間部費 月額200円
部会紹介
プロフィール
(300字程度)
社会科学ゼミナールは仲間と共に学び、議論し、そして成長するサークルです。具体的な活動としては、『資本論』および現代の社会問題について、それぞれ週に1回ずつ、院生・教員のサポートのもとに研究会を行っています。例年、後期には集団論文を執筆し、京都で開かれる論文フォーラムに参加、発表し、他大学の学生と交流します。2018年度は、平和のための政治班、働き方班、ジェンダー班の3つの班に分かれ、それぞれ研究を深めました。また座して書に学ぶのみではなく社会問題の実地に赴くフィールドワークも高く位置付けて行っており、一昨年は立川の横田基地、昨年は沖縄に足を運びました。他にも、有志が集まって読みたい文著作を読むユウ研究会を、随時開いています。皆で映画を観たり、合宿や納会も行ったりして、仲間と楽しく、自由に学べるサークルです。ぜひ社ゼミで、自由な大学の学びを体感しましょう!
部会の目標 社会科学ゼミナールは、現代社会に起こる現象を科学的に分析し、真理を探究する。それにより、またそれらのために会員一人一人の成長を目指すことを目標としています。
年間活動予定 5月:新歓合宿 6月:6月企画 8月:前期納会、フィールドワーク 9月:夏合宿10月:五社研立ち上げ式(京都) 11月:白門祭 12月:五社研フォーラム(集団論文の発表)、後期納会 2月:OB・OG会 3月:春合宿、追いコン
近年の実績 関西五社論文フォーラムへの参加、昨年は沖縄フィールドワーク実施
オリジナルサイト