学修成果の把握に関する方針

学修成果の把握に関する方針(MEP:Measuring Effectiveness Policy)

 本学は、各学部・研究科において展開している教育活動について、その質の保証と向上を図ることを目的として、三つの方針(学位授与の方針、教育課程編成・実施の方針、入学者受け入れの方針)に基づき、機関レベル、教育プログラムレベル、科目レベルの3階層で、学修成果等を測定・評価し、その結果を教育改善につなげます。

測定・評価に際しては、以下の指標を活用し、学修成果の到達度を検証します。

  1. 機関レベル(大学全体)

    (在学中)
    能力自己評価調査(新入生アンケート、在学生アンケート)、休学率、退学率

    (卒業時・卒業後)
    能力自己評価調査(卒業時アンケート)、卒業後追跡アンケート、進路状況(就職率、進学率)、通算GPA、学位授与数、最短年限修了率

  2. 教育プログラムレベル(学部・学科・研究科等)

    (在学中)
    能力自己評価調査(新入生アンケート、在学生アンケート)、単位修得状況、単年度GPA、成績分布、休学率、退学率

    (卒業時・卒業後)
    能力自己評価調査(卒業時アンケート)、卒業後追跡アンケート、進路状況(就職率、進学率)、通算GPA、学位授与数、最短年限修了率

  3. 科目レベル(授業・科目)

    (在学中)
    授業アンケート、成績評価、各科目の合格率(単位取得率)