野島記念Business Contest審査基準

審査基準・項目は以下の通りである。

課題設定

誰の、どんな課題かが明確であり、詳細に検証されているか

ソリューション

課題に対して適切なソリューションを提供し、社会に対して大きなインパクトを与えられるか

マネタイズ

収益を得る方法が明確であり、ビジネスとして持続性があるマネタイズとなっているか

市場分析

需要を把握し、将来的に成⻑が見込むことのできる大規模な市場を狙えているか

競合分析

代替可能性のある製品やサービスの特徴を捉え、競合優位性を把握できているか

パッション

起業に対する熱意は感じられるか

審査配点(計 100 点)が各審査段階において重視する点が異なるため、配点を下表のように 定めております。

審査基準 配点
課題設定 20
ソリューション 20
マネタイズ 20
市場分析 15
競合分析 15
パッション 10

審査優先順位
課題設定>ソリューション>マネタイズ>市場分析>競合分析>パッション

※同点の場合、審査優先順位に応じて審査項目の点数が高いチームを優先いたします

※予選のみ、点数換算においては傾斜配点方式を採用いたします