資格試験・スキルアップ概要

大学在学中に外国語の実践力を磨いてみませんか?

外国語強化プログラム運営委員長
商学部教授 福西 由実子

外国語を学ぶ意義はなんだと思いますか?端的にいえば、二つあります。一つにはある国の言語を学ぶことで、その背景にある歴史や文化に触れられることです〈教養的価値〉。あなたがこれまで生きてきた環境や価値観とは異なる場所やそこに生活する人を発見するとき、翻って自分自身をより深く知り、考えるきっかけとなるでしょう。二つめに、あなたの努力をある意味わかりやすく示すことができることです〈実践的価値〉。資格という観点からも、外国語運用能力が高ければ就職活動の際にも有利でしょうし、社会に出てからも何かとあなたを助けてくれるはずです。

自身の留学体験を振り返って

私自身の経験を少し話しますと、日本の大学・大学院の修士課程で学んだあと、イギリスの大学院に留学しました。帰国子女でもなかった私は、英語力に対する漠然とした不安と、ともかく入学許可はおりたのだから行けばなんとかなるという楽観的展望をもって海を渡りました。最初の頃は指導教官や学友たちの話す、これまで日本では聞いたこともなかった強いアクセント(特にイングランド北部やアイルランド!)にとまどいました。読む、書くほうはなんとかなったのですが、聞く、話すことに苦労しました。とはいえ、研究は最後は「オリジナリティ」勝負の世界でしたので、自分の関心のある研究分野のなかで、まだ他の研究者が掘り下げていないテーマを探し出し、人とは違った角度からアプローチしました。幸運なことに、このテーマを指導教官に非常に面白がってもらえたこと、そしてアイデアさえ良ければ、ノンネイティブであることはハンデにならないと考えられるようになったことが自信になり、今につながっています。2018年に、今度は中央大学から派遣された客員研究員としてふたたびイギリスの大学へ。留学時代の恩師や友人たちと再会し(大学教員、外交官、地方議員、小学校教員等々、職業もさまざま)、懐かしく楽しく盛り上がりつつ、現在もそれぞれの人生、研究、ブレグジットやコロナのことなどを語り合い、共有しています。

オープンマインドで世界に羽ばたこう!

私が、育った環境も価値観も異なる海外の人びとと交わる際に大事だと思うのは、さきほどの「オリジナリティをもつこと(人とは違うこと)」に加えて「オープンマインドであること(人に心を開くこと)」です。誰かに心を開けば、必ず相手もあなたに心を開いてくれます。そんなふうに腹を割って付き合うために、まずは必要最低限の英語力(4技能が大事、ですが、意外にも「書く」力を鍛えると、他の3技能を高めてくれた気がします)を磨いておく必要があります。本センターの外国語講座の話に戻りましょう。国際センター外国語力強化プログラムは、外国語を学ぼうとするみなさんのために様々な講座を用意しています。中央大学には、各学部が用意した正課の授業もありますが、そんな学部の垣根を超えて、志を同じくする仲間たちと課外講座でさらに外国語の学びを深め、切磋琢磨してみませんか?そして、オープンマインドな心をもって、遠くへ、遠くへと羽ばたいてください。

社会に出た後に必要とされる語学力

世界で英語を話す人の数は15億人以上と言われており(うち75%は英語を母国語としないノンネイティブ・スピーカー)、国際共通語としての英語の重要性はますます高まっています。ビジネスシーンにおいては海外出張や駐在といった場面でのみ語学力が求められるのではなく、国内でも海外取引先とのやりとりや外国人上司や同僚とのコミュニケーションなど、日常的に英語を使用する場合があります。このため卒業後に備えて大学時代に十分に語学力を高めておくことが大切です。また、仕事での活用を目的としない場合でも、英語学習を通して多様な物の見方や言語の文化的背景を学ぶことができます。未知の世界を探求し、新たな発見や異文化理解を通して国際的感覚を養うことも語学を習得する重要な価値の一つです。

https://www.iibc-global.org/iibc/press/2019/p128.html

グローバルの舞台で数多くの先輩達が活躍しています。

多様化する今日の社会において、グローバルな視点を持って活躍できる人材が国の内外を問わず求められており、実際に多くの中大OB・OGがグローバル・パーソンとして世界を相手に活躍しています。GO GLOBALサイトでは、海外に飛び出して自身の夢を叶えた方、思いがけず海外で活躍することになった方、様々なグローバル・キャリアを歩んだ方のストーリーを掲載しています。また、グローバルな仕事と言っても、商社や金融をはじめとする国内グローバル企業、国連や赤十字などの国際機関やNGO、シリコンバレーや主要都市に展開する海外現地企業など、さまざまな仕事があります。そんなグローバル舞台で活躍するためには国際感覚を身につけることはもちろん、学生時代に高い語学力を身につけることが第一歩です。

外国語講座とは?

このようなグローバル人材育成の必要性の高まりから、本学では2012年より外国語講座の運営を開始、学生のみなさんの外国語力向上及び海外留学に向けた支援を行っています。これまでの受講者数は延べ9000名を超えており、クオリティに優れた課外講座として非常に満足度の高い人気講座となっています。

中大生だからお得に学べる。9000名が受講した人気講座を体験してください。

本講座では、TOEFL/IELTS、TOEICの試験対策をはじめ、4技能スキルアップ、実践トレーニング、スタディサプリENGLISHの受講補助や各種1dayセミナーなど、年間約50のクラスを開講しています。中大ならではの充実したプログラムをみなさんもぜひ実感してください。