特色ある教育プログラム

学術情報リテラシー教育プログラム

大学で学ぶにあたって、専門分野にかかわらず基本的に身につけるべき学術情報の取り扱い方や自分の意見の発信方法を体系的に学ぶ教育プログラムです。
学部・学年により履修の可否や卒業必要単位数への算入・非算入の扱いが異なりますので、必ず事前にシラバスを確認してください。

設置授業科目の紹介

1.学術情報の探索・活用法(面接授業)

講義と実習を通して大学での学修に必要な情報の探し方を習得し、その情報を活用して2,000字程度のレポートが仕上がるように、情報の取り扱い方を学んでいきます。

授業の詳細に関する案内サイトはこちら

動画でもご覧いただけます

※大学で配付されている全学メールのGoogleアカウント(…@g.chuo-u.ac.jp)でログインしたブラウザでご覧ください。

授業の履修申請フォームはこちら

【 履修登録申請の締切:4月10日(日) 23:59 】

*定員を超過した場合は抽選等を行う場合があります。

◆お問い合わせ

資料調査に関するお問合せ(メールレファレンス) Ask a Librarian

2.大学生のための論文作成の技法(対象:2022年度新入生)

(1)基礎編(オンデマンド型授業)
本科目の目的は、大学での学びの基礎となる学術的文章の特色を理解し、論文作成に必要なアカデミック・ライティングの技法を基礎から学ぶことです。大学生として知っておきたい基礎知識を理解し、大学での学修に必要な〈知る/読む/考える〉ことに習熟しながら〈書く〉ことを中心に学んでいきます。

科目紹介動画はこちら(manaba)

授業の履修申請フォームはこちら【履修登録申請の締切:4月10日(日) 23:59】
※定員を超過した場合は抽選等を行う場合があります。

◆お問い合わせ
全学連携教育機構事務室 お問い合わせフォーム

(2)発展編(面接授業またはライブ型オンライン授業)
レポート作成や卒業論文の執筆のためには、①自分が立てた問いに対して必要な資料や文献を適切に選び、その内容を正確に理解するスキル、②そこで得た知見に基づいて自分と他者の考えを整理し、さらに思考を深め、自分の意見を確立するスキル、③その内容を他者と共有できるよう、きちんとした文章として書きあげるスキルが必要です。本科目の目的は、これらのスキルを実践的かつ総合的に学ぶことです。

科目紹介動画はこちら(manaba)

授業の履修申請フォームはこちら【履修登録申請の締切:4月10日(日) 23:59】
※定員を超過した場合は抽選等を行う場合があります。

◆お問い合わせ
全学連携教育機構事務室 お問い合わせフォーム