大学運営の方針

中央大学(以下「本学」という。)は、「實地應用ノ素ヲ養フ」という建学の精神のもと、基礎・基本を重視した教育と、社会の課題に対する問題発見・解決能力を涵養する質の高い教育研究活動を展開するとともに、社会からの負託と期待に応える「世界に存在感のある大学」として、持続可能で活力ある社会の構築のために必要な社会貢献活動等を継続的かつ安定的に展開するため、以下のとおり大学運営の方針を定める。

(基本姿勢)

1.本学は、時代や社会の要請に応えるべく、幅広い学問研究と多様な実践的教育を通じて、創造的批判精神に基づき、合理的な問題解決を追求する実学の伝統を培ってきた。本学は、この伝統に立脚しながら、全学の叡智を結集して伝統を絶えず更新・革新し、高度かつグローバルな知の実践者として實地應用の力を備え、もって人類の福祉に貢献する「行動する知性」を体現する人材を育成するという本学の使命を果たしていく。

(運営体制)

2.関係法令及び学則をはじめとする各種規程に則り、学長、副学長、学部長、研究科長、研究科委員長及びその他大学運営に必要な所要の職を置くものとする。

3.学長のリーダーシップの下、学部長会議、教授会、研究科委員長会議及び研究科委員会等の各種会議体を通じて、透明かつ公正な大学運営を行う。また、運営に際しては、各種規程に則った適正かつ明確な意思決定と効率的な執行に努めるとともに、時代に応じた大学運営体制の在り方を継続的に志向することで、教学ガバナンスのさらなる機能向上に取り組むものとする。

(法人との連携)

4.教育研究事業の着実な推進のため、法人と適切な連携を図り、学校法人としての事業の永続性と発展性に配慮しつつ、安定的な大学運営を行う。

(事務組織)

5.構成員たる教職員の大学運営に必要な能力と、大学全体としての組織力の向上のために、スタッフ・ディベロップメント(SD)活動を強化・推進する。また、学長は、大学に所属する職員を統督し、大学運営を支える事務組織が適切に機能するよう努めるものとする。

(情報公開)

6. 大学運営に関する情報を積極的に公表し、大学として果たすべき説明責任の適切な履行に努めるとともに、本学が展開する諸活動の内容と水準を広く社会に提示する。