TOP新着ニュース

2020年12月22日

<在学生及び入学予定者の皆さんへ>学長からのメッセージを掲載しました

2020年12月22日

 

中央大学在学生及び入学予定者の皆さんへ

 

中 央 大 学 学 長

  福 原 紀 彦

 

 

 新型コロナウイルス感染の終息が見通せないまま、新しい年を迎えようとしています。さまざまな困難と不自由のなかでも、希望と志をもって勉学に励む皆さんを、私たち教職員一同は、精一杯、応援しています。くれぐれも健康に留意され、将来に向けた歩みを着実に進められることを心から願っています。

 

 私たちは、変化する社会状況にしっかりと対応し、皆さんの安全と安心を確保する措置を講じながら、これまでに得た貴重な経験と多くの知見を活かして、大学の社会的責務を果たすべく、教育・研究・社会連携の諸活動を維持し展開してまいりたいと考えております。中央大学SDGs宣言は、その姿勢を明確にして社会に発信するものであり、ダイバーシティを一層推進するためのものです。

 

 中央大学では、新しく迎える2021年度を、危機を乗り越え、新時代における教育を学生の皆さんと共に創出する新たなスタートとして位置づけています。デジタル・トランスフォーメーション(DX)とともに、教育・研究・社会連携・国際交流を一層加速させてまいります。AI・データサイエンス教育を全学的に展開するのも、その一環です。世界基準の教育研究活動拠点にふさわしい次世代型キャンパス・デザインを構想して、多摩キャンパスでは、「グローバル館」「国際教育寮」開設に続き、2021年4月に教育研究の新棟がオープンします。そこでは、これまで蓄積してきた教育力向上事業の成果を踏まえて、新時代に相応しい教育を開発し実践いたします。都心キャンパスでは、早期に法曹資格を取得できる新しい法曹養成制度をリードし、リカレント教育を発展させるために、法学部・大学院法学研究科・法科大学院・大学院戦略経営研究科の連携を強化し、茗荷谷キャンパスと駿河台キャンパスとに新棟を建設して、構想の実現を図ります。

 

 また、2021年度における授業実施及び諸活動にかかる方針として、対面で参加できる授業の割合を少なくても5割以上確保することとし、新型コロナウイルス感染の終息状況に応じて、その割合を7割以上に拡大したいと考えています。加えて、皆さんがキャンパスの施設・設備を利用する機会も順次増やしていく予定です。これからも、皆さんから寄せられた声を大切にして、状況に照らして大学の方針を定め、その都度お知らせいたします。

 

 中央大学は、全学を挙げて、皆さんの充実した学生生活の実現に向けて尽力してまいります。引き続き、ご理解とご協力をお願いいたします。

 

 

中央大学SDGs宣言と学長声明について
https://www.chuo-u.ac.jp/usr/sdgs/

中央大学におけるAIデータサイエンス教育の全学展開について
https://www.chuo-u.ac.jp/aboutus/efforts/ai_and_ds/news/2020/12/52440/

プレスリリース:全学部生を対象としたAI・データサイエンスの教育プログラムを2021年4月より開始
--リテラシーレベルから応用基礎まで系統的に学修
https://www.chuo-u.ac.jp/aboutus/communication/press/2020/12/51943/