SDGs

持続可能な開発目標(SDGs)とは

 持続可能な開発目標(SDGs)とは,2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として,2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標です。17のゴール・169のターゲットから構成され,地球上の「誰一人取り残さない(leave no one behind)」ことを誓っています。
 SDGsは発展途上国のみならず,先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり,日本としても積極的に取り組んでいます。

(外務省のホームページから引用)

中央大学SDGs宣言

学校法人中央大学は、持続可能な開発目標”Sustainable Development Goals (SDGs)”の理念に賛同し、社会の持続的かつ公正な発展に寄与するために、真摯な取り組みを行うことを宣言します。

中央大学SDGs宣言

中央大学学長声明

中央大学は、環境と社会における解決困難な課題を克服し、地球規模で均衡のとれた公正な社会の実現を目指し、研究と教育、コミュニティにおいて”Sustainable Development Goals (SDGs)”に貢献できるように努力することを宣誓します。

中央大学学長声明

附属中学・高等学校の取り組み

スペシャルインタビュー

中央大学のSDGsに対する近年の取り組み

中央大学のSDGsに対する近年の取り組み(1.2MB)
・LGBTを取り巻く課題を見つめ直す連続公開講座を開講
・奥多摩三村との地域連携型PBLにより、SDGsを実践する人材を育成
・学際的な教育プログラム「FLP」で、学生の問題解決能力を培う

中央大学におけるSDGsの取り組み一覧