多摩ITセンター新着ニュース

2013年07月01日

Microsoft 教育機関向け総合ライセンス契約(EES)のお知らせ

中央大学では、2013年度より日本マイクロソフト社とMicrosoft 教育機関向け総合ライセンス契約(EES:Microsoft Enrollment for Education Solutions)で Desktop Education という製品のライセンス契約を締結します。
※EES契約締結に伴い、昨年度までのスクールアグリーメント契約は終了いたしました。

利用受付を2013年7月1日(月)から開始いたしますので、お知らせいたします。

EES契約期間中は、中央大学の公費で購入・レンタルしているPCや教職員が所有するPCに、Microsoft Office をインストールしたり、Windows OSのアップグレード・ダウングレードを行うことが出来ます。

・PC の新規購入時にOfficeをインストールしたい場合や、Office のバージョンアップを検討する場合に利用できます。
・すでに使用している Office(スクールアグリーメントによってインストールされたOfficeなど) はそのまま使い続けることが可能です。
・Windows OS についてはアップグレード・ダウングレードのみのサービスです。OSの新規インストールは含まれません。
・利用を希望する場合は、それぞれのケースに応じて、利用申請書を提出してください。
・利用可能なOffice、OSの種類、PCに必要なスペック、 遵守事項については申請前に確認してください。


基本的なお問い合わせは各キャンパスのITセンターでお受けします。

※総合政策学部は総合政策学部システム管理室で、研究開発機構は研究支援室で受け付けます。
※掲載内容・申請書は随時修正することがあります。
※受付・対応に時間がかかることがありますのであらかじめご了承ください。

あわせて、教職員が業務目的のために利用する私物PCに、 Officeライセンスのインストール、及び Windows OSのアップグレード・ダウングレード権を提供する、EES契約に付随する無償オプション・教職員Work at Homeの受付も2013年7月1日(月)から開始いたします。


下記 URLのホームページに詳細を掲載しています。利用を希望する方は、下記URLから申請書をダウンロードしてください。