多摩ITセンター新着ニュース

2017年01月12日

【注意喚起】Microsoft 社を装った不審なメールにご注意ください(Officeプロダクトキーの不正コピー)

 日本マイクロソフトセキュリティチームを騙り、ライセンスソフトウェアのプロダクトキーの不正利用されている旨の文言が記載された、不審なメールの事例が報告されております。下記のようなメールを受け取った場合、文中のリンクのURLや、添付ファイルを開かずそのまま削除してください。

 

万一、文中のURLへアクセスし個人情報などを入力された場合や、添付ファイルを開いてしまった場合は中央大学の所属学部、部署等を記載の上多摩ITセンターへご連絡ください。

 

送信事例

-----------------------------------------------

<事例>

件名「ご注意!!OFFICEのプロダクトキーが不正コピーされています。」

 

セキュリティ警告!!

 

お使いになっているオフィスソフトの授権が終了されてしまう可能性があります!!

 

日本マイクロソフトセキュリティチームはお使いのオフィスソフトのプロダクトキーが違法コピーをされた可能性があることを発見しています。

 

攻撃者はお使いのオフィスソフトのプロダクトキーを利用して他のオフィスソフトを起動しようと試みています。ご本人の操作なのかどうかが確定できないため、お手数ですが、直ちに検証作業をしてくださいますようお願いします。

 

検証作業をしていただけない場合、日本マイクロソフトはお使いのオフィスソフトのプロダクトキーの授権状態を終了させていただきますので、ご了承ください。

 

[文中URL]

 

*ライセンス認証(マイクロソフトプロダクトアクティベーション)とは、不正コピーを防止するための技術で、手続きは、短時間で簡単に実行できます また、この手続きは匿名で行われるので、お客様の個人情報は保護されております。

-----------------------------------------------