スポーツ振興新着ニュース

2021年08月23日

東京パラリンピックの開催について -本学出身者が監督・コーチとして出場予定ー

東京オリンピックに引き続き、8月24日(火)から東京パラリンピックが開催となります。

本学からは、2名の卒業生が監督・コーチとして東京パラリンピックに出場されます。お2人のプロフィール・メッセージや競技日程について下記にご紹介いたします。

東京パラリンピックにも注目いただき、ご声援いただきますようお願いいたします。

☆☆東京パラリンピックに監督・コーチとして参加する本学関係者☆☆

写真提供:一般社団法人 日本パラ水泳連盟

上垣 匠(うえがき たくみ) さん(パラ水泳 監督)

学 部:1997年経済学部卒業(現所属:(一社)日本パラ水泳協会))

出 身:兵庫県

主な競技歴:1995年パンパシフィック選手権・ユニバーシアード競泳日本代表(平泳ぎ)、1994,1995インカレ優勝(100m平泳ぎ)

主な指導歴:2018アジアパラ日本代表コーチ、2019パラ水泳世界選手権日本代表コーチ、2021東京2020パラ水泳日本代表監督

尊敬する人:中央大学水泳部 吉村豊 前監督(中央大学名誉教授)、中央大学水泳部 高橋雄介 監督(中央大学理工学部教授)
座右の銘:自力本願
趣 味:自動車鑑賞・釣り・DIY

試合前のルーティーン:善行

【五輪への決意】

パラリンピック水泳競技の日本代表監督として、競技を通じて日本を元気にできるよう全力を尽くします!
そして、東京パラをきっかけに世界に誇れるインクルーシブな社会創出の実現に貢献して行きます!

【中大での一番の思い出】

中央大学在学中に白門祭で出会った妻と、その間に授かった息子が親子2代にわたって中央大学で学ばせて頂いています。保護者として母校に行く度に、学生時代を思い出して心地良い時間を過ごさせて頂いています。良きご縁に感謝しています。

【中大の皆さんに一言!】

中央大学で学ばせて頂いた4年間が、私の指導方針に色濃く影響を与えてくれました。特に水泳部で経験した科学的トレーニングは、現在のパラ水泳の指導における基礎として活用させて頂いています。ダイバーシティの推進を掲げる中央大学の卒業生として、パラリンピックの4つの価値(勇気・強い意志・インスピレーション・公平)を広く日本の社会に広めて行きたいと思いますので、中央大学が時代に先駆けた新しい取り組みを更に展開してくれる事を期待しています!

大戸 淳之介(おおと じゅんのすけ) さん(パラボート  ヘッドコーチ

学 部:2004年経済学部卒業(公社)日本ボート協会)

競技日程予定(本学出身者の関係競技のみ)

パラ水泳(上垣匠監督) 8月25日(水)~9月3日(金)

パラボート(大戸淳之介コーチ) 8月27日(月)~8月29日(日)