ボランティア新着ニュース

2021年09月22日

【イベント報告】7/3(土)連続ボランティア講座④ 「ボランティア経験をどのように社会で活かすか?」

社会課題に取り組むボランティア全般を知り、自分のキャリアにどのようにつなげていくかを考えるきっかけとすること、また各分野で社会課題に取り組む方の話を聞き、自分のボランティアキャリアについて考えるきっかけとすることを目的とした「連続ボランティア講座」(全4回)の第4回を行いました。

 

オンライン連続ボランティア講座の第4回として、本学卒業生の池田木綿奈さん、八鍬あゆみさんに講師をお願いしました。

 

講座では、大学在学中にボランティア活動に積極的に携わっていたお二人から、その経験を社会人になってからのキャリアにどのようにつなげていったのかをお話しいただきました。在学中からボランティア活動に熱心に取り組み、その経験を自ら掘り下げながらキャリアにつなげていったお二人の深みのあるお話を聞くことができました。

 

参加していた学生たちはチャットを用いて積極的に質問し、講師のお二人との活発なやりとりもあり、よい雰囲気の中で行うことができました。

 

◆第4回 「ボランティア経験をどのように社会で活かすか?卒業生の活躍から学ぶ」

◎日時:7月3日(土)10:00~11:20 

◎場所:Zoom使用によるオンライン

◎参加人数:24名

◎外部講師:池田木綿奈さん(アクセンチュア株式会社)、八鍬あゆみさん(仙台市役所)

 

<アンケートより>

・講師のお二人の、「ボランティアにただ参加するだけではもったいない」という言葉が印象に残ったからです。 私もボランティア活動を行なっているのですが、コロナの影響もあり、なかなか自分たちから積極的に動けずにいました。ですが、今回のお話を聞いて、制限がある状況下でもできることはないかについて検討不足だったのかな、とも思いました。 今回のお話を聞いて、学生という身分を活かし、受け身にならず行動したいと思いました。

 

・学生時代のボランティア活動が、おふたりの現在のお仕事や人生にどのように結びついているのかがストーリーとして理解でき、自分がボランティアをする理由やどのようにいかしていきたいのかを考える大変よい機会となりました。