社会・地域貢献新着ニュース

2017年11月27日

「多摩ニュータウンまちづくり方針策定に係る懇談会」が始動しました

 多摩ニュータウン八王子市域には、初期入居の地域では入居後40年が経過した一方、現在も住宅建設が行われている地域、未処分の事業用地がある地域など多様な地域が存在しています。
 また、ニュータウン固有の課題である急激な少子高齢化、大規模住宅団地の老朽化、団地内商店街の衰退などが想定されています。
こうした課題の中、八王子市の設置する「多摩ニュータウンまちづくり方針の策定に係る懇談会」に経済学部教授が学識経験者として参画し、多摩ニュータウンの目指すべき将来像の設定、再生の方向性について検討を行っております。