公開講座「学びの回廊」2016年度

「建物を通してみる古代ローマの社会と法」

制作担当:川北 夢希
法学は古代ローマに由来する。このローマ法に建物遺跡からアプローチする。ローマ法には、地中海世界に安定と平和をもたらした歴史的経験が生きている。ローマ法こそが現代の民法の原型となり、また現代につながる法学という学問の端緒となった。この講義では、こうしたローマ時代の法学の一端を紹介する。

「【ダイジェスト版】建物を通してみる古代ローマの社会と法」

制作担当:川北 夢希
法学は古代ローマに由来する。このローマ法に建物遺跡からアプローチする。ローマ法には、地中海世界に安定と平和をもたらした歴史的経験が生きている。ローマ法こそが現代の民法の原型となり、また現代につながる法学という学問の端緒となった。この講義では、こうしたローマ時代の法学の一端を紹介する。

「グローバル化は政治をどう変えるのか 欧州統合の過程から考える」

制作担当:岡部 陸
なぜ、ヨーロッパの人たちはEUに懐疑的なのか?EUはヨーロッパの人たちに豊かさをもたらしてきたはずなのに、なぜ離脱していくのか?グローバル化=「人、モノ、情報、お金の活発化と自由移動」がもたらす影響を検証しながら、EUの政治的背景とグローバル化の問題点=「下層への競争移行など」を探り、価値感の異なる人がいかに共存できるかなど、政治学の役割を学ぶ。

「【ダイジェスト版】グローバル化は政治をどう変えるのか 欧州統合の過程から考える」

制作担当:岡部 陸
なぜ、ヨーロッパの人たちはEUに懐疑的なのか?EUはヨーロッパの人たちに豊かさをもたらしてきたはずなのに、なぜ離脱していくのか?グローバル化=「人、モノ、情報、お金の活発化と自由移動」がもたらす影響を検証しながら、EUの政治的背景とグローバル化の問題点=「下層への競争移行など」を探り、価値感の異なる人がいかに共存できるかなど、政治学の役割を学ぶ。

「小学生や認知症の人が起こした事故と家族の責任 民事の責任ルールと被害者保護について考えてみよう!」

制作担当:川北 夢希
本模擬講義は、最近の最高裁判所で問題となった、小学生がサッカーボールの練習中や認知症の高齢者が線路に立ち入って起こした事故を例に、これらの人に代わって家族が責任を負うことがあることを通して、民法が定める不法行為制度における被害者保護のための自己責任の原則(民法709条)とその例外について学び、そこから、不法行為制度における被害者の保護と加害者の行動の自由との調整のあり方について理解を深めようとするものです。