教養番組「知の回廊」新着ニュース

2016年03月07日

3月放送の教養番組『知の回廊』第109回「安楽死・尊厳死をめぐる法対応 ー終末期医療の現場からー」

只木 誠 教授

2016年3月放送の番組は、法学部教授 只木 誠「安楽死・尊厳死をめぐる法対応
~終末期医療の現場から~」です

J:COMチャンネル八王子で、月 22:30~、水 22:00~、木 12:00~、土 20:30~、日 6:30~の時間帯で好評放送中ですので、まだご覧になっていない方は是非ご試聴ください(YouTube中大チャンネルやiTunes Uでもご覧いただけます)!

番組内容

高齢化社会を迎えた日本では、高齢者介護の問題や終末期医療の問題が重要な課題とされています。終末期医療において、現在の日本には安楽死や尊厳死に関する法律はありません。欧米では安楽死が合法化されている国もありますが、積極的な自殺ほう助に対する大きな批判も出ています。多様な生き方が認められていますが、「死に方」についても議論を深めてゆくべきではないでしょうか。医療と法律の分野から、これからの日本における安楽死と尊厳死について考えます。