TOP新着ニュース

2020年10月20日

2020年10月19日 理工学部助教 中田 明伸が科学技術振興機構(JST)「 戦略的創造研究推進事業(さきがけ)」に採択されました。

理工学部応用化学科 助教 中田 明伸の研究提案がJST「 戦略的創造研究推進事業(さきがけ)」に採択されました。
本事業は国が定める戦略目標の達成に向けて、独創的・挑戦的かつ国際的に高水準の発展が見込まれる先駆的な目的基礎研究を推進するものです。そのうち「さきがけ」は、科学技術イノベーションの源泉となる成果を世界に先駆けて創出 することを目的とするネットワーク型研究(個人型)タイプとなっています。研究者は、自らが立案した研究構想の実現に向けて、自己の研究課題の実施に責任を持ちつつ、 研究領域全体の目的に貢献するよう研究を推進します。
 
この度中田助教は、「光励起キャリアを触媒サイトに誘導する高分子光触媒の創製」を提案し、採択されました。
本領域の応募件数は94件で、そのうち採択されたのは、中田助教の提案を含む10件です。
 
研究領域名:電子やイオン等の能動的制御と反応
研究総括:関根 泰(早稲田大学 理工学術院 教授)
採択課題名:光励起キャリアを触媒サイトに誘導する高分子光触媒の創製

 
リンク:
国立研究開発法人 科学技術振興機構(JST)「戦略的創造研究推進事業(さきがけ)」
2020年度 戦略的創造研究推進事業(さきがけ)の第1期新規研究課題及び評価者について
researchmap(中田 明伸)
 
中央大学理工学部応用化学科分子物性化学研究室