インターナショナル・ウィーク【第5回IW実施報告】BBCワールド レポーター大井真理子氏講演会

12月12日(木)、多摩キャンパスヒルトップ2階のGスクエアでBBCワールドニュース初の日本人レポーター、大井真理子氏による講演会が開催されました。 

BBCワールドニュースとは、BBCグローバルニュースリミテッドが運営する24時間放送のテレビチャンネル。全世界200以上の国および地域で視聴可能な国際ニュースチャンネルです。毎定時に世界の最新ニュースや、ビジネス情報、選りすぐりのドキュメンタリーやライフスタイル情報まで幅広いジャンルの番組を放送しています。

大井氏は、2006年12月から、フリーランスプロデューサーとして、BBCワールドニュースのシンガポール支局に入局。現在、レポーターおよびキャスターを務めています。

講演会では、自身がレポートした映像もふんだんに取り入れながら、BBCワールドニュースとは何か、そこでどのような仕事をしているのか、最近のTOPICなどについて紹介しました。

とくにASEANと関連するニュースとして、BBCでは近年、ミャンマーの民主化に注目しているとのこと。アウンサンスーチー女史へのインタビュー映像も交え、2014年にはBBCワールドニュースが支局を開設する予定であると語りました。

今回の講演会は、Gスクエアの学生スタッフが企画したものです。広報から当日の運営まですべて学生たち自身で行いました。グローバルに活躍する現役レポーターの方から直接お話しを伺える貴重な機会ということで、集まった学生たちも熱心に耳を傾けました。

プロフィール

大井 真理子  BBCニュース レポーター 

1981年東京都生まれ、慶應義塾大学環境情報学部に入学、1学年終了時にジャーナリズム修学のため、オーストラリア、RMIT大学ジャーナリズム学部に入学。在学中にはコミュニティチャンネルのテレビ向けニュース番組や学生ラジオ局SYN FMで番組制作の経験を積み、Australian Broadcasting Corporationなど、数々の在オーストラリア放送局でインターンとして勤務。2004年、アメリカに渡りロイター通信でインターンを経験。2005年、日本のブルームバーグテレビジョンにプロデューサーとして入社、経済報道を手がける。2006年12月より現職。