大学紹介新着ニュース

2018年03月19日

『ボランティアセンター設立5周年記念シンポジウム』を開催

 中央大学では、リーダーシップを発揮できる人材を育成するため、2012年度より「教育力向上推進事業」を立ち上げ、大学教職員の教育力向上に取り組んでいます。
 この事業の一環として、2013年度には「中央大学ボランティアセンター(ボランティアステーションから2014年に改称)」を設立し、学生によるボランティアを支援してまいりました。
 同ボランティアセンターが2018年4月に設立5周年を迎えるにあたり、3月16日(金)、多摩キャンパスCスクエアにて「多面的価値を創造するボランティアセンターの学び」をテーマに、シンポジウムを開催しました。

 

 シンポジウムではボランティアセンターにおける役割として、下記の3点を確認しました。
1.中央大学の社会貢献の柱
2.アクティブ・ラーニングの蓄積
3.「言語化」するボランティア文化
 中央大学の社会貢献を醸成する場として中核を担っているほか、研究教育の面ではアクティブ・ラーニングの役割を果たしています。学生たちに対しては、活動内容の言語化を指導することで、彼らの成長を促してきました。

 

 ボランティアセンターでは中央大学のボランティア文化が根差していくことを目指し、今後も活動を続けてまいります。

 


本件に関するお問い合わせ
TEL: 042‐674‐3487
〒192‐0393
東京都八王子市東中野742‐1 学生課内
中央大学ボランティアセンター