スポーツ振興スポーツ振興・強化推進室 室長挨拶

室長挨拶


スポーツ振興・強化推進室長 石井 靖
(中央大学常任理事、理工学部教授)

 本学は、「中長期事業計画(Chuo Vision 2025)」の重点事業であるスポーツ振興に特化した施策を展開するため、理事会の下に、2016年4月1日で「中央大学スポーツ振興・強化推進室」を開設いたしました。

 本推進室は、スポーツ振興事業の以下の目標を達成するため、学生、父母、卒業生、教職員及び学友会体育連盟部会関係者等の本学に関わる全ての方々と共に、“One Chuo(ワン チュウオウ)”を合言葉に、一体となって、中大スポーツを盛り上げていけるような事業展開を目指します。

中長期事業計画では、下記の3つの目標を掲げて活動を行ってまいります。

  1. 2020年東京オリンピック・パラリンピックに20人以上の本学代表選手(在学生・卒業生)を送り出す
  2. 箱根駅伝で5年以内に5位以内、10年以内に優勝を目指す
  3. 学友会体育連盟部会の戦績を高めるための支援を行う

 上記目標に向けて、当室に専門部会を置き各種事業を進めてまいります。

【オナーズ部門】オリンピック・パラリンピックに向けた選手の確保・育成・強化にかかる施策の企画・立案

【スポーツ振興部門】スポーツ振興に関する中長期的な観点から必要な強化策の検討

 現在、新型コロナウイルス感染拡大という想像もしていなかった事態に直面し、本学学生アスリートのみならず世界中の学生達を取り巻く環境に大きな変化が生じました。今までのように大学に通って学業や部活動に励むこともままならず、思い描いていたキャンパスライフと異なる毎日を過ごすことに、不安や戸惑いを抱いている学生アスリートが多くいると思いますが、高い目標に向かって努力を重ねる過程で大切なのは、苦しみ悩みながらも、目標を見失わず、諦めない姿勢だと思います。
 誰も経験したことのない困難に直面している今の状況において、本学学生アスリートには、自身と関わるあらゆる人々と支えあいながら、乗り越えていってほしいと願っております。大学としてもできる限りのサポートを行っていく所存です。
 学生アスリートの学園生活充実が “One Chuo”の大きなエネルギーになると確信しており、学業とスポーツの両立“文武両道”を、追求して頂きたいと考えております。
 今後は、本学に関わる全ての方に、積極的に学生アスリートをご支援いただけるような事業展開を目指していきたいと考えておりますので、どうぞよろしくお願いいたします。