広報・広聴活動プレスリリース

2021年06月25日

中央大学杉並高校物理部が制作した足踏み式消毒液スタンドを杉並区新型コロナワクン接種実施会場等へ寄贈

 中央大学杉並高校では、物理部が製作した足踏み式消毒液スタンドを、2021年6月に、杉並区内7か所の施設(荻窪地域区民センター、まちナカ コミュニティ西荻みなみ、杉並障害者自立生活支援センター すだち(杉並育成園すだちの里すぎなみ)、すぎなみ協働プラザ、児童青少年センター ゆう杉並、特別養護老人ホーム 上井草園、荻窪病院)と、杉並区新型コロナワクチン接種実施会場(桃井原っぱ公園 仮設会場)に寄贈しました。

 元々物理部は、生徒や教職員が使用する為にこのスタンドを昨年のうちから継続的に作成し、校内に16台設置していました。生徒や教職員からは大変好評であったので、これを近隣地域に設置して役立てることはできないかと考えました。地元の団体「すぎなみ協働プラザ」に協力を仰ぎ、無事に近隣地域の施設への寄贈を始めることができました。

参考:中央大学杉並高等学校紀要第30号「足踏み式アルコール消毒スタンドの制作」

http://www.chusugi.jp/feature/downloads/30kiyo05.pdf
 

  6月11日に足踏み式消毒液スタンドを寄贈した杉並区新型コロナワクチン接種実施会場では、病院関係者が見守るなか、本校物理部員が消毒液ボトルを取り付け、荻窪病院長(理事長)と副院長に、実際に使用していただきました。また、物理部部長より、医療従事者の皆さまへ感謝の言葉をお伝えしました。消毒液スタンドの近くには、「ワクチン接種・日々のアルコール消毒など皆さん一人ひとりの行動が、新型コロナウイルスの拡大防止のための大きな力になっていると思います。コロナ禍を一緒に乗り越え、早くマスクを外して過ごせる日がくるように頑張っていきましょう。」との物理部からのメッセージも掲出されています。

 中央大学杉並高校では、2014年に大規模災害時に本校施設の一部を荻窪病院の延長病棟として機能させるための協定「災害時における杉並区、医療法人財団荻窪病院及び学校法人中央大学杉並高等学校の協力に関する協定」を締結しました。毎年、荻窪病院が実施する災害訓練に本校生徒を派遣するなどの連携を行っています。今後も、災害時やコロナ禍において、高校や高校生が貢献できることを探し、地域との連携を更に深めてまいります。

<本件に関するお問い合わせ>
 中央大学杉並高等学校
  TEL:03-3390-3175 Email:odate◎chusugi.jp (◎を@に変換して送信してください)

<取材に関するお問い合わせ>
 中央大学広報室
  Email:kk-grp@g.chuo-u.ac.jp