広報・広聴活動プレスリリース

2020年11月11日

「CHUO Diversity×ハラスメント防止啓発Week2020」をオンライン開催

 中央大学では、多様な背景をもつ人びとが、ともに学び、ともに働くことのできる環境づくりに向け、ダイバーシティの推進に努めています。2020年4月1日には、ダイバーシティセンターを開設し、「多文化共生」、「ジェンダー・セクシュアリティ」、「障害学生等支援」を軸として、キャンパスにおける多様性の尊重、誰もが安心して活動のできる環境の醸成を目指して活動しています。

 2020年11月16日(月)~11月30日(月)、ダイバーシティ推進に対する意識・認知度を高めることを目的として、中央大学ダイバーシティセンターと中央大学ハラスメント防止啓発委員会が「CHUO Diversity×ハラスメント防止啓発Week2020」を開催します。第3回となる今年は、「知る、つながる、行動する」をテーマに、オンラインイベントを揃えました。

「CHUO Diversity×ハラスメント防止啓発Week2020」概要

日程:2020年11月16日(月)~11月30日(月)
場所:オンライン開催 
対象:本学生徒・学生および教職員。一部の企画について一般の方の参加も可能。
主催:中央大学ダイバーシティセンター、中央大学ハラスメント防止啓発委員会
参考:https://www.chuo-u.ac.jp/campuslife/diversity/event/2020/11/51685/
   https://www.chuo-u.ac.jp/campuslife/diversity/activity/week/2020/

 

 一般の方にもご参加いただけるイベントの概要は以下のとおりですので、ぜひ開催告知いただけますと幸いです。全て参加費無料で、事前申し込みが必要です。
 

一般の方にもご参加いただけるイベント

二羽泰子氏(東京大学大学院教育学研究科助教)講演会「インクルーシブな学校をどうつくるか――みんなのキャンパスをめざして」

日時:2020年11月18日(水)17:00~18:40
内容:学校には排除的な側面がある、でも学校は変わることができる!今回の講演では、不就学状態に置かれていた重度の障害児との出会いをきっかけに変わっていったある地域の小中学校の研究を紹介します。その研究を通して、障害、人種、性別、経済・社会的背景などに関わりなく、共に学べるインクルーシブな学校や大学の可能性について、みなさんと考えてみたいと思います。
申込:11月16日(月)までに申込フォームより要事前申込。https://forms.gle/qf4ad7bJUVmp8JqK6 

ハラスメント防止啓発講演会「外国人の法律問題—多様な国籍の人と共に生きる—」

日時:2020年11月19日(木)10:50~12:30
講師:小田陽平氏(弁護士。広尾パーク法律事務所所属。東京外国語大学スペイン語学科卒業。)
内容:スペイン語と英語を使用して様々な国の方の案件を扱っている小田氏と、多国籍な社会の魅力について一緒に考えていきましょう。
申込:11月17日(火)までに申込フォームより要事前申込。https://forms.gle/EE9w8boefJJ4SAXv6

犯罪被害防止講習「その時、あなたは自分を守れますか?―痴漢、性犯罪、ストーカー、デートDV―」

日時:11月25日(水)12:35~13:15    
共催:東京都都民安全推進本部、ハラスメント防止啓発委員会、学生部
内容:危険を回避するために、自分にできることを知っておきましょう。正しい知識はあなたの力になります。
申込:11月23日(月)までに申込フォームより要事前申込。https://forms.gle/wSQYKx5ZMyh5BsHF8

砂川秀樹氏 講演会「多様な私たちが多様に生きられるために」

日時:11月27日(金)13:20~15:00
講師:砂川秀樹氏
【講師紹介】東京大学大学院総合文化研究科博士課程単位取得退学、博士(学術)。ぷれいす東京事務局長、東京プライド代表、ピンクドット沖縄共同代表を務めるなど、HIV/AIDSやLGBTQの活動にかかわり30年になる。主著に『カミングアウト』、『新宿二丁目の文化人類学』など。
申込:11月23日(月)までに申込フォームより要事前申込。https://forms.gle/AoGjhbvaeDZFAs168 
 

中央大学ダイバーシティセンターについて

 本センターは、(1)国際相互理解、多文化共生に関する分野、(2)ジェンダー・セクシュアリティに関する分野、(3)障害に関する分野を軸として、学内の学修や研究、その他キャンパスライフを送るための環境整備や、学生・教職員に対する啓発、学生の個別相談への対応などの活動を進めています。
 センターには各領域の専門性を有するコーディネーターが在籍しており、環境整備、啓発活動、相談業務を担当しています。現在、障害領域を専門とするコーディネーターが2名、ジェンダー・セクシュアリティ領域を専門とするコーディネーターが2名勤務しています。
 聴覚障害などのある学生への情報保障(ノートテイク、UDトークを使用した文字起こしの支援など)を中心に、学生有償ボランティアの協力も得ながら活動しています。
https://www.chuo-u.ac.jp/campuslife/diversity/ 
 

<本件に関するお問い合わせ>
 中央大学ダイバーシティセンター事務室
  TEL:042-674-4554
   Email:dc-soudan-grp@g.chuo-u.ac.jp
   
<取材に関するお問い合わせ>
 中央大学広報室
  TEL:042-674-2050
  Email:kk-grp@g.chuo-u.ac.jp