広報・広聴活動プレスリリース

2017年05月16日

中央大学研究開発機構コロキアム(RDI Colloquium)を開催

 2017年5月26日(金)16:40~18:20、中央大学後楽園キャンパスにて、「中央大学研究開発機構コロキアム(RDI Colloquium)」を開催し、「ひとの主観的反応を科学的に数値化するはなし」と、「空港のユニバーサルデザインとライドシェアーについて」の講演を行います。多摩キャンパスでもTV会議システムにて中継されます。どなたでもご参加いただけ、参加費無料、事前申込不要、入退室自由です。

 

概要

日程:2017年5月26日(金) 16:40~18:20


場所:後楽園キャンパス 3号館 3階 3300号室(東京都文京区春日1-13-27)
   多摩キャンパス 1号館 4階 1410号室(東京都八王子市東中野742-1)
   ※多摩キャンパスはTV会議システムにて中継


定員:後楽園キャンパス100人 /多摩キャンパス50人

 

申込:不要。直接会場へお越しください。※公共交通機関をご利用ください。

 

内容:
16:45 ~ 17:30  「ひとの主観的反応を科学的に数値化するはなし」
 講演者:久徳康史(きゅうとく やすし)機構准教授
 概要:紙やコンピューターを用いアンケートや試験に回答した経験がある方は多いと思います。しかし、それらにより測定されたデータが、どの様な理論に基づいて数値化されているのかご存じでしょうか。今回は、心理特性の数値化にかかわる理論について簡単なお話しをした後、実際にどの様に社会で利用されているのかについて数式などを用いずに、なるべくわかりやすくお話をします。

 

17:35 ~ 18:20 「空港のユニバーサルデザインとライドシェアーについて」
 講演者:秋山哲男(あきやま てつお) 機構教授
 概要:高齢社会インフラ研究室ではユーザーの視点からモビリティと交通を研究しています。今回のお話は(1)まず、多くの国では日常の交通手段であるライドシェアー(ウーバーやリフトなど)の交通システムを北海道の中頓別町で実験中のお話しをします。(2)次に、ユニバーサルデザイン設計した羽田国際空港の実践例などをご紹介します。(3)最後に、ロンドンとの比較においてパラリンピックで東京はどこまで変わるかについてお話しします。

 

<本件に関するお問い合わせ>

 中央大学研究支援室

  TEL:03-3817-1602

  FAX:03-3817-1677

 

<取材に関するお問い合わせ>

 中央大学広報室

  TEL:042-674-2050

  Email:kk@tamajs.chuo-u.ac.jp