広報・広聴活動プレスリリース

2015年11月19日

中央大学教育力向上推進事業報告会のお知らせ

―中央大学ボランティアセンター リーダー養成メソッドについて―

 2015年12月5日(土)13時30分より、多摩キャンパスにて、中央大学教育力向上推進事業報告会を行います。2013年に設立された「中央大学ボランティアセンター」の成果と、リーダー養成の取り組みについて報告します。

ぜひ、御社媒体にて告知・取材をお願い申し上げます。

 

 中央大学ボランティアセンターは、東日本大震災により本学の多くの学生が被災地に出向いた動きを受けて、2013年4月1日に設立され、これまで延べ600人ほどの学生を送り出してきました。学生は現場から多くの学びを得て成長しています。報告会では、センター設立から2年半、震災から4年半経つなかで、学生が被災地で何を見て何を感じ、どのように成長したのかを、学生の声と共にお届けします。

 

 また、センターは、学生の成長を客観的に知る可視化のフレームづくりにも取り組んできました。報告会では株式会社ラーニング・イニシアティブとともに開発した本学オリジナルのフレーム「Evidence Based Rubric」についてもご説明します。「現場の学び」を客観的に評価する仕組みづくりは、ボランティアに限らず、インターンやアクティブラーニングなどこれからの教育現場においては課題です。現場活動における学習の取組みをなさっている方々にも広くご参加いただき、今後の教育活動のヒントとなることを計画しています。

 

<概要>

■ 日時:2015年12月5日(土) 13:30~16:30

■ 会場:中央大学多摩キャンパス Cスクエア 小ホール

■ 定員:100名

■ 対象:一般、教職員、学生

■ 入場料:無料

■ プログラム

  第1部 ボランティア学生による活動成果報告トークセッション

   発表者:ボランティアをしている学生

   コーディネーター:中央大学ボランティアセンター長 中澤秀雄(法学部教授)

  第2部 Evidence Based Rubricの開発過程と活用について

   解説者:浅野高光氏(株式会社ラーニング・イニシアティブ)

 

<本件に関するお問い合わせ>

中央大学ボランティアセンター(担当:松本、開澤)

TEL:042-674-3487

Email:chuo_volunteer@tamajs.chuo-u.ac.jp 

 

<取材に関するお問い合わせ>

中央大学広報室

TEL:042-674-2050

Email:kk@tamajs.chuo-u.ac.jp