TOP新着ニュース

2021年12月13日

【在学生の皆さん、入学予定者の皆さんへ】2022年度の授業実施についてー原則として対面授業で実施ー
【To all students】Class Format in AY2022ーConducted in face-to-face classes-

ENGLISH FOLLOWS

2021年12月13日

在学生の皆さん、入学予定者の皆さんへ

2022年度を迎えるにあたって

中 央 大 学         
学 長 河 合  久

 本学では、2021年度の後期(秋学期)授業も開始し、政府から発出される様々な措置の動向を踏まえつつ、面接授業と遠隔授業を効果的に組み合わせて各種授業を実施しておりますが、社会的な情勢としては、新型コロナウイルス感染症の収束に向けて未だ予断を許さない状況にあるといえます。
 また、2021年度については、本学の学年暦の執行にあたり、新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、授業や行事の実施、研究や課外活動等にやむを得ない制限が加わりましたが、在学生の皆さんの学びの機会を確保し、大学が果たすべき社会的な役割を維持することに注力することができました。これも、ひとえに在学生の皆さんが高い意識の下で自律的な行動をとることに努め、本学の定めた各種の方針に理解と協力をいただいたことによるものだと思います。この機会に、学生の皆さんの日々の努力に対し、あらためて敬意を表するとともに、厚く御礼を申し上げます。
 新型コロナウイルス感染症の感染状況とそのワクチン接種に伴う社会情勢の変化、政府による行動制限に向けた対応など、現状において将来の予測がつかない要素は多く存在していますが、新年度においては、本学のキャンパスに在学生の皆さんをお迎えし、対面での学修活動やさまざまな学生交流をはじめとする充実したキャンパスライフを提供できるようにしたいと考えております。皆さんには、これから新年度の新学期を迎えるまでの期間においても、自らが感染しないことはもちろん、他者に感染させないことを前提とした感染防止のための行動を継続するよう、改めてお願い致します。そして何よりも、この期間を健やかに過ごすことができるよう、心からお祈り致します。

 また、本学への入学を予定される皆さんにおかれましては、この予測不能な社会状況にありながらも、本学の伝統と実績、学生本位の対応姿勢や修学環境の維持・充実の取組みに理解を示され、本学へのご入学を決意されたことを、中央大学関係者一同、心強く嬉しく存じます。
 新たに大学生活を始めること自体に、大きな期待とともに漠然とした不安もあるところ、現在のような状況下での心配も加わっていることと拝察いたします。ウィズコロナ、アフターコロナと称される時代にあっては、大学の学修環境はもとより課外活動等を含めた学生生活も変容しつつありますが、中央大学では、大変多くの関係者の力強い支援のもとに、皆さんを本学キャンパスでの学びに迎える準備を進めています。中央大学でのさまざまな出会いと生活が、皆さんの輝かしい未来の礎となるよう、さまざまなことに挑戦する機会を提供致したいと考えています。
 どうか、この時期、自信と安心を保持して、本学入学後には、何事にも積極的にチャレンジしていただければと思います。本学入学までの間、新たな生活の開始に伴う多くの準備の時期を迎えておられるでしょうが、入学予定者の皆さんが、健康で、有意義な時間を過ごされますよう祈ってやみません。

 さまざまな場面で、新型コロナウイルス感染症に対する心配の念を止めることができませんが、皆さんが安心・安全に過ごせるよう、さまざまな対策措置を講じることで、新年度の新学期には、在学生、新入生の皆さんと、各キャンパスでお目にかかりたいと思います。
 この度、学生の皆さんとともに本学の教育研究活動の更なる発展を志向すべく、以下のとおり、本学の2022年度における授業実施にかかる基本方針について策定いたしましたので、お知らせいたします。
 本学では、皆さんの充実した学生生活の実現に向けて尽力してまいりますので、引き続き、ご理解とご協力をお願いいたします。

 


2022年度の授業実施について(お知らせ)

中 央 大 学

 本学では、2022年度の授業について、これまでに実施してきた新型コロナウイルス感染症への各種対策を十全に継続することを前提とし、各授業科目を大学キャンパスの教場での対面を基本とする「面接授業科目」として実施することといたします。
 また、これと同時に、ウィズコロナ、アフターコロナ時代における教育様式の在り方も念頭に、オンラインを積極的に活用した場合に高い教育効果が得られると判断される一部の授業科目については、オンラインによる「遠隔授業科目」として実施することといたします。

 なお、この方針は、学部について適用し、大学院研究科(専門職大学院を含む。)については、可能な範囲で全学的な調整を図りつつ、それぞれの教育研究の特性に鑑み、必要な変更を加えることができるものとします。また、この方針は、緊急事態宣言の動向や新型コロナウイルス感染症にかかる社会情勢の変化、関連法令および高等教育行政の改正により、適宜見直しを行うものとします。
 授業科目の実施方法の詳細は、決定次第、各学部からC plus、manaba等でお知らせいたしますので、大学からのお知らせを確認するようにしてください。
 2022年度の授業実施に関する基本方針は下記の通りです。

【基本方針】
1.中央大学における授業の実施をはじめとする教育研究活動等の実施にあたっては、学生が本学の豊富な環境とリソースを活用して学修し経験を積むことが可能となるよう、政府や関係省庁が発出する指針等を参考にしつつ、学生・教職員の安全を第一に、新型コロナウイルス感染症の拡大防止をはじめとする各種の措置を十全に講ずることとする。
※本学における諸活動の実施にあたっての取扱いについては、別紙1を参照のこと。
※感染症の拡大や大規模災害等の不測の事態が発生した場合には、安全への配慮を最優先として、本基本方針の内容を柔軟に見直すこととする。

2.2022年度に実施する授業については、新型コロナウイルス感染症に対する十全な対策を講じることを前提として、各キャンパスの教場における対面での「面接授業科目」として実施することで、本学の教育活動の質の向上と教育効果の担保、教員・学生間における人的交流の機会の確保に努めるものとする。
※面接授業を実施する教室・教場における収容人数については、制限を設けない。
※基礎疾患を有する場合など、合理的な理由から本学に通学することが困難な学生に対しては、個別の事情を勘案したうえで不利益が生じないよう配慮する。

3.2022年度に実施する授業のうち、オンラインを積極的に活用した場合に高い教育効果が得られると判断される一部の授業科目については、当該授業内容の特性を考慮して、オンラインによる「遠隔授業科目」として実施することとする。
※本学における「面接授業科目」及び「遠隔授業科目」の取り扱いについては、別紙2を参照のこと。

4.本学では、各種の授業を実施するにあたり、その適切かつ円滑な実施をはかり、質を維持・向上させることに向けて、以下の点について、その整備を進め、一層の充実に努めるものとする。

・新型コロナウイルス感染症の拡大防止に必要となる各種設備・備品の確保・充実。
・円滑な授業の実施を支える「manaba(全学授業支援システム)」の充実。
・遠隔授業の実施に際して活用する情報通信環境の整備(各種オンライン会議システムのライセンスの確保・充実等)と、その人的支援体制の充実。
・キャンパス内外における安定的な修学機会を担保するための学生支援策の充実。

以上

 

各学部の授業実施方針は以下をご覧ください。(※準備中)
法学部
経済学部
商学部
理工学部
文学部
総合政策学部

国際経営学部
国際情報学部

 

December 13, 2021

To all students

Classes in Academic Year 2022

Hisashi Kawai
President, Chuo University


The university has started classes for the second semester (fall semester) of AY 2021, and is conducting a variety of courses by effectively combining face-to-face classes and distance classes, taking into account the various measures issued by the government. However, the social situation is still unpredictable even as we, hopefully, move toward the end of the COVID-19 pandemic.
Due to the spread of the coronavirus in 2021, we were forced to impose various restrictions on the implementation of classes and other events, as well as on research and extracurricular activities. But we are grateful we have been able to secure learning opportunities for students and maintain the social role that the university should play. I believe this is due in large part to your efforts to act in a self-disciplined way with a high level of awareness, and to your understanding and cooperation with the various policies set forth by the university. I would like to take this opportunity to express my heartfelt gratitude once again to all students for your efforts and cooperation.
Although the status of coronavirus infections and vaccinations mean there are many unpredictable factors for the future, including changing social conditions and government policies on behavioral restrictions, we would like to welcome all students to our campus in the new academic year and provide you with a fulfilling campus life, with face-to-face academic activities and student exchanges. I once again ask all of you to continue your efforts to avoid becoming infected and   to avoid possibly infecting others. Above all else, I hope that everyone will remain healthy throughout their life at Chuo University.

For prospective students who are planning to enroll next year, all of us at Chuo University are pleased that despite the unpredictable social conditions, you have shown interest in our university’s traditions and achievements, our student-centered approach, and our efforts to maintain and enhance the academic environment.
As you begin your new university life, I am sure that along with your high expectations and vague anxieties, you also have concerns about the current situation.  In this era of "with corona" and "after corona," several aspects of student life, including extracurricular activities and the university’s learning environment, are changing, but at Chuo University, we are preparing to welcome you to study on campus with the strong support of everybody involved. We would like to provide you with opportunities to try out many new things everything you experience here at Chuo University will become the foundation for your brilliant future.
I sincerely hope that you will keep your confidence and peace of mind during this time, and that you will be able to take on all the challenges that come your way after entering Chuo University. I am sure that you are making all kinds of preparations for the start of your new life, and I wish you a healthy and meaningful time.

It is unfortunate that we are still unable to completely alleviate concerns regarding the coronavirus. However, we hope to see all the students, both current and new, at our campuses in the upcoming semester by taking various countermeasures to ensure your safety and peace of mind.
In order to further develop the university’s research and education activities together with all the students, we have decided on the basic policy for implementation of classes in AY2022 as follows.
We will make every effort to help you have a fulfilling student life. Thank you very much for your continued understanding and cooperation.

 


Class Format in AY2022 (announcement)

Chuo University

On the premise that sufficient measures against the coronavirus will be taken, as a general rule courses in AY2022 will be conducted as “face-to-face courses” conducted on each campus. At the same time, some courses will be offered as online “distance class courses” when it is considered they can be more effective with online features proactively implemented. 
This policy applies to undergraduate faculties. For graduate schools (including professional graduate schools), necessary adjustments may be made in consideration of the characteristics of each educational and research environment. Please note that this basic policy may be reviewed as appropriate due to changes in social conditions, specifically the spread or reduction of coronavirus infections and related regulations and revisions to higher education administration.
Details on how to conduct each course will be announced by each faculty via C plus, manaba, etc. as soon as decided. Please pay attention to notifications from the university.

Basic Policy for Class Implementation in AY2022

1. In conducting education and research activities, including provision of lectures, various measures to prevent the spread of infection shall be taken to ensure that students can learn and gain experience by taking advantage of the rich environment and resources of Chuo University. This shall be done with the safety of students and faculty members as top priority, while referring to the guidelines issued by the government and relevant ministries and agencies.
* Please refer to Attachment 1 for the handling of various activities at the University.
* In the event of unexpected circumstances, such as further spread of infectious diseases or a large-scale disaster, this basic policy will be reviewed in a flexible manner with safety as the top priority.

2. On the premise that sufficient measures against the new coronavirus infection will be taken, courses in AY2022 will be conducted as “face-to-face courses” conducted on each campus, in order to further improve the quality and to ensure efficiency regarding education, and to secure opportunities for exchanges of faculty and students.
* There will be no limit to the number of students accommodated in a classroom or other venue.
* For students who have difficulties commuting to university due to various reasons including underlying medical conditions, consideration will be given based on individual circumstances to avoid any disadvantages.

3. Among the courses offered in AY2022, if a class can be more effectively offered with online features proactively implemented, it can be offered as a “distance course” in consideration of the characteristics of the class.
* Please refer to Attachment 2 and Attachment 3 for the handling of “face-to-face courses” and “distance courses.”

4. We shall make efforts to improve and enhance the following points in order to offer classes in an appropriate and smooth manner and to maintain and further improve the quality of classes.   
- Securing and improving various facilities and equipment necessary to prevent further spread of the coronavirus infection.
- Improving “manaba” (class support system)
- Upgrading our information and communication environment (including securing licenses for various online conference systems) to be utilized when conducting distance classes, and improve our human support systems.
- Providing sufficient student support measures for securing opportunities to study both on and off campus.