TOP新着ニュース

2021年04月12日

2021年度前期(春学期)の授業実施方法について -「まん延防止等重点措置」の適用を受けて-
Class Format in AY 2021 First Semester (Spring Semester) in Response to the Quasi-state of Emergency

ENGLISH FOLLOWS

2021年4月12日

在学生の皆さんへ

2021年度前期(春学期)の授業実施方法について
-「まん延防止等重点措置」の適用を受けて-

中 央 大 学         
学 長 福 原 紀 彦

 4月に新学期を迎え、新型コロナウイルスへの感染防止に努めながらも、本学の各キャンパスに多くの学生が集い、ニューノーマルの時代に適応した新たな様式で、本学における教育研究活動が再開したことを大変喜ばしく思っております。

 さて、全国で新型コロナウイス感染症の新規感染者数が増加する中で、本学が所在する東京都においても、4月12日(月)から、「まん延防止等重点措置」が適用されました。本学では、2021年度の授業実施方針について、在学生の皆さんにお知らせしておりますとおり、「遠隔授業と面接授業とを適切に組み合わせて実施することで、本学の教育活動の質の向上と教育効果の担保に努める」こと、そして「可能な限り、教員・学生間における人的交流の機会の確保とその増加に努める」こととしております。現時点においては、本方針を変更することなく、徹底した感染防止対策を講じながら、引き続き各種の授業を実施してまいりたいと考えております。

 今後において、東京都における新型コロナウイルス感染症の新規感染者数が大幅に増加する等、急速な感染拡大の兆候により、適宜、遠隔(オンライン)授業を一定程度の割合で活用した教育活動に切り替えていくなどの対応を採ることも想定されます。その際には、改めて皆さんに本学としての方針をお知らせすることとしたいと思います。

 さまざまな場面で、新型コロナウイルス感染症に対する心配の念を止めることができませんが、在学生の皆さんには、これからの期間においても、自らが感染しないことはもちろん、授業終了後には速やかに退校するなど、他者に感染させないことを前提とした感染防止のための行動を継続するよう、改めてお願い致します。そして何よりも、皆さんが、本学におけるキャンパスライフを通じて健やかに過ごすことができるよう、心からお祈り致します。

 

April 12, 2021

Class Format in AY 2021 First Semester (Spring Semester)
in Response to the Quasi-state of Emergency

Tadahiko FUKUHARA
President, Chuo University

To all students,

The new university term is set to begin in April. A great number of students will be gathering at each of our campuses, during which time we will be making efforts to prevent the spread of COVID-19. I’m very happy that we can restart our educational and research activities with a fresh format that is adapted to the new normal.

The numbers of the newly infected are rising throughout Japan. On Monday April 12, a quasi-state of emergency came into effect for Tokyo, which is where Chou University is located. The University announced to all students that we shall “further improve the quality of our teaching and ensure effective educational outcomes by conducting an appropriate combination of distance learning and face-to-face classes,” and that “as far as possible, we shall endeavor to secure and increase opportunities for human exchange between faculty members and students” in a press release explaining our policy for classes in AY2021. There are no changes to this policy at the present point, and we plan to continue conducting all types of classes while thoroughly taking measures to prevent infection.

Going forward, if the numbers of the newly infected in Tokyo drastically increase or there are warning signs of a rapid spread of the infection, we will take appropriate action such as by switching to a higher percentage of classes taught through distance learning (online). Should that happen, the University will provide our students with an updated announcement.

Unfortunately, we are unable to completely alleviate concerns regarding COVID-19 infection in a variety of settings. I again ask all students enrolled in the upcoming semester to avoid becoming infected and also to take actions to avoid possibly infecting others in such ways as promptly leaving the University after classes are over. Above all else, I hope that everyone will remain healthy throughout their campus life at Chuo University.