TOP新着ニュース

2019年07月17日

中央大学史資料集 第28集を公式WEBサイトに公開しました

  中央大学の創立者の一人である菊池武夫は、1875年文部省第1回官選貸費留学生としてボストン大学法学校に留学し、ニコラス・セント・ジョン・グリーンの教えを受けました。

  このたび、グリーンの3つの講義内容(Torts, Criminal Law, Kent's Commentaries)を筆記した菊池の英文ノートを翻刻・収録した「中央大学史資料集 第28集」を中央大学公式WEBサイトに公開しました。

  菊池武夫が学んだ当時のアメリカにおける英米法の実態を知り得る貴重な史料です。同資料集には、ボストン大学ロースクールのデイヴィッド・サイプ教授によるグリーンの略伝を付しています。本集をご覧いただき、英米法研究にご活用いただければ幸いです。

中央大学史資料集 第28集