国際連携・留学新着ニュース

2019年08月06日

学校法人中央大学と上海理工大学(中国・上海市)との間で、上海理工大学東京事務所を中央大学に設置する覚書を締結し、開所式を行いました

2019年8月3日(土)中央大学後楽園キャンパスにおいて、学校法人中央大学と上海理工大学(中国・上海市)は、良好な協力関係を維持するとともに双方の発展のため、上海理工大学東京事務所を中央大学に設置することに関する覚書を締結しました。

当日は同キャンパス3号館10階で開所式及び懇親会を開催し、総勢約90人が出席して盛大に行なわれました。上海理工大学からは呉堅勇書記長をはじめ多数の教職員、ご来賓の方々、卒業生、上海理工大学学生(43人)などが出席し、中央大学からは酒井正三郎総長、福原紀彦学長、樫山和男理工学部長、白井宏国際センター所長をはじめ理工学部国際委員会委員、理工学部精密機械工学科の教員などが出席しました。

開所式では、覚書の交換、記念品の交換、リボンカット、全体記念撮影等を行い、懇親会では、上海理工大学の紹介や上海理工大学の学生による演舞などが行われ、和やかな雰囲気の中で両校の交流を深める機会となりました。

なお、中央大学は、2016年10月29日(土)に上海理工大学に「中央大学上海オフィス」を開所し、上海理工大学との友好関係を基盤にしながら、上海オフィスを拠点にして、国際交流に関わる情報収集、学生の留学・学習支援、教職員の研究・研修支援、ネットワーク形成、広報活動など、本学のグローバル化に資する活動を展開してまいります。