AI・データサイエンスセンターイベント

【見逃し配信】AI・データサイエンスセンター設立1周年記念シンポジウム「文理融合の先端:AI技術と社会制度の関係」

日程
2021年5月24日(月)から2021年8月31日(火)まで ※都合により配信期間を変更する場合があります。
場所
YouTube
講師

三部 裕幸 (渥美坂井法律事務所・外国法共同事業 弁護士)
丸山 宏(花王株式会社 エグゼクティブフェロー)
南 和宏(統計数理研究所 教授)
平野 晋 (中央大学国際情報学部長)
樋口 知之(AI・データサイエンスセンター所長)

内容

5月15日(土)に開催された中央大学AI・データサイエンスセンター設立1周年記念シンポジウムのライブ動画の視聴が可能です。視聴を御希望の方は、申込フォームより御申込下さい。

 

【基調講演】

三部 裕幸 (渥美坂井法律事務所・外国法共同事業 弁護士) 講師の御経歴はこちら

「AIビジネス・スマートシティビジネスのリスクマネジメント――欧米の法・倫理の動向と日本の現況」

AIビジネスは様々な領域に進展し、スマートシティビジネスも急ピッチで検討されております。産官学にとって、AI・スマートシティビジネスのリスクマネジメントをスムーズに進めることは、喫緊の課題です。そのリスクマネジメントには、重要なポイントがあります。しかし、そのポイントを押さえなかったために、ビジネスが停滞する事例が国内外で起きています。
本講演では、日欧米の状況を踏まえつつ、重要ポイントを説明し、法律・倫理・ステークホルダー対策を含めた包括的なリスクマネジメントについてお話しします。

 

【パネルディスカッション】

「文理融合の先端:AI技術と社会制度の関係」

パネリスト:
丸山 宏(花王株式会社エグゼクティブフェロー) researchmapはこちら
南 和宏(統計数理研究所教授) researchmapはこちら
三部 裕幸(渥美坂井法律事務所・外国法共同事業 弁護士)  
平野 晋(中央大学国際情報学部長) researchmapはこちら
モデレーター:
樋口 知之(AI・データサイエンスセンター所長)researchmapはこちら

 

【開催要旨】

中央大学AI・データサイエンスセンターは、この4月に設立1周年を迎え、「AI・データサイエンス全学プログラム」を全学連携教育機構とともに開始しました。また学科名称を変更した理工学部ビジネスデータサイエンス学科と連携し、本学のAI・データサイエンス分野の研究、教育、社会連携を先導していきます。本シンポジウムでは、急発展をとげるAIの実用にむけた社会のあり方などについて、本学が伝統として培った法律学を含む社会科学・人文科学の叡智と、日本を代表するAI技術者、法律家、それぞれの立ち位置から、AIと社会のこれからを見据えた意見の交換をすすめていきます。

 

【関連動画】

知の回廊 第135 回 「AI・データサイエンスセンターの取り組み」

中央大学理工学部ビジネスデータサイエンス学科の紹介

 

対象者

どなたでも視聴可能です。

AIビジネス、社会制度との関係等について御興味のある方は是非御視聴下さい

参加費

無料

参加手続き

申込フォームより御申込下さい。

(返信メールにて視聴URLをお伝えします)

企画実施名義

共催
中央大学
AI・データサイエンスセンター
全学連携教育機構
理工学部