広報・広聴活動プレスリリース

2019年11月27日

中央大学文学部准教授 横山佐紀のゼミ学生による企画展示「手でみて楽しむ絵本展」を開催

 2019年12月2日(月)~7日(土)、中央大学多摩キャンパス 中央図書館にて、文学部准教授 横山佐紀のゼミ学生による企画展示「手でみて楽しむ絵本展」を開催いたします。

 中央大学では、日本およびフランスの出版社によるさわれる絵本を所蔵しています。これらは主には視覚障害者を対象としたもので、さわることで「数」や「形」を学べる工夫がされています。中にはフランスの出版社による『赤ずきんちゃん』のように、視覚のある者が見ても、さわっても楽しめる作品があります。
 本展は、これらを実際に手に取ってさわってみる時間を設けつつ、視覚に障害のある人もない人も一緒に楽しめる本学所蔵の貴重な資料を紹介します。また、企画者の学生によるギャラリートークも行う予定です。
 参加費無料、申込不要でどなたでもお越しいただけます。ご取材いただける場合は、別紙 「取材申込書」(PDF)を、中央大学広報室までご提出いただけますと幸いです。何卒よろしくお願い申し上げます。

「手でみて楽しむ絵本展」概要

日時:2019年12月2日(月)~12月7日(土)
場所:中央大学多摩キャンパス 中央図書館2階展示コーナー
展示資料:『はらぺこあおむし』(偕成社)、Le petit chaperon rouge(『赤ずきんちゃん』)〔配架場所:総合教育科目〕など、7~10点(予定)
プログラム
①絵本を手で見てみよう!:以下の日時、絵本を手に取ってご覧いただけます。
②展示企画者の学生による約10分のギャラリートーク
 ・12⽉2⽇(⽉)17:10~18:40(ギャラリートーク 17:20より)
 ・12⽉3⽇(⽕)13:30~15:00(ギャラリートーク 13:40より)
 ・12⽉4⽇(⽔)13:30~15:00(ギャラリートーク 13:40より)
 ・12⽉5⽇(⽊)12:40~13:10(ギャラリートーク 12:50より)
 ・12⽉6⽇(⾦)12:40~13:10(ギャラリートーク 12:50より)
対象:どなたでも観覧できます。卒業生、一般・地域の方など本学図書館利用証をお持ちでない方は、図書館入口受付で展示観覧ご希望の旨をお伝えください。
 

<本件に関するお問い合わせ>
 中央大学図書館
    TEL:042-674-2511

<取材に関するお問い合わせ>
 中央大学広報室
  TEL:042-674-2050
  Email:kk@tamajs.chuo-u.ac.jp