広報・広聴活動プレスリリース

2019年01月22日

中央大学ボランティアセンターシンポジウムを開催
~私たちが繋ぐ『中大ボラセン魂』~

 中央大学ボランティアセンターでは、来る2月5日(火)15:00より、本学多摩キャンパスにおいて、中央大学ボランティアセンターシンポジウム~私たちが繋ぐ『中大ボラセン魂』~を開催いたします。
 本学ボランティアセンターは、2013年に設立されて以来、この6年間止まることなく歩み続けてきました。その中で、大学の中だけに留まらず、様々な地域に足しげく通い続ける学生たちは、様々な学びを得て、『中大ボラセン魂』を先輩たちから受け継いでいます。今回のシンポジウムでは、『中大ボラセン魂』とは何なのか、どのような葛藤を経ながら活動を続けているのかといった点を3部構成で発表いたします。
 つきましては、下記概要にて開催いたしますので、ご取材いただければ幸甚です。
 ご検討の程、宜しくお願いいたします。
 

中央大学ボランティアセンターについて

 本学では、2013年4月に「中央大学ボランティアステーション」が学生課内に設立され、2015年4月には「ボランティアセンター運営委員会」が発足するとともに、学生の活動を支援する専従スタッフ3名体制となり、本格的なセンターである「中央大学ボランティアセンター」(センター長:法学部教授 中澤 秀雄)に改称いたしました。現在は7つの公認学生団体があり、日本各地で活動を行っています。
 昨年7月に発生した豪雨災害では、被災地34ヶ所において30名の学生がボランティアとして汗を流し、活躍しました。また、「Yahoo!基金 夏休み学生ボランティア被災地復興支援活動助成プログラム」や「信濃育英会 明るい社会に貢献する奨学生」など、様々な外部資金を学生自らが獲得しています。

 

中央大学ボランティアセンターシンポジウム 開催概要

日 時: 2019年2月5日(火)15:00~17:00
会 場: 中央大学多摩キャンパスCスクエア小ホール(東京都八王子市東中野742-1)
テーマ: 私たちが繋ぐ『中大ボラセン魂』
定 員: 100名(先着順)
参加費: 無料
主 催: 中央大学ボランティアセンター
内 容

 15:00 開会挨拶

 15:05 第1部 ここから始まった『中大ボラセン魂』

 中央大学ボランティアセンター発足のきっかけとなった学生団体「はまらいんや」が活動を終えます。

 「はまらいんや」の7年の軌跡を振り返りながら、脈々と受け継がれる魂を紹介します。
 

 15:20 第2部 パネルディスカッション~いつまで団体は活動を続けるのか~
 中澤秀雄センター長をファシリテーターに迎え、なぜ「はまらいんや」は活動を終え、

 他団体は継続するのか、パネルディスカッションを行います。
 

 16:10 第3部 クロストーク 先輩と紡ぐ現代表の『オモイ』

 ボランティアセンター公認学生団体の各代表の声をお届けします。現場へ行くことの重要性、

 代表として活動に参加する苦労など、身近な存在である上級生が現代表のオモイを引き出します。
 

申 込:下記の申し込みフォームから

            もしくは 中央大学ボランティアセンター(TEL:042-674-3487)までお申し込みください。
    https://goo.gl/forms/1d7zg4sOMwD2vIhA2

 

中央大学ボランティアセンター公認学生団体「はまらいんや」について

 「はまらいんや」は、「人・地域・暮らしに焦点を当てた人間中心のボランティア」「住民の方々の今日を生ききる力になる」を団体の理念として掲げています。
 2011年12月から2016年9月までは宮城県気仙沼市面瀬地区面瀬中学校仮設住宅での戸別訪問と見守り活動を行い、その後、2017年3月より、面瀬中学校仮設住宅から移転される方の多い鶴巻二区防災集団移転団地・災害公営住宅にて、新たなコミュニティづくりが必要だという課題をもって活動を行ってきました。

 

<本件に関するお問い合わせ>
 中央大学ボランティアセンター
  TEL:042-674-3487
  E-Mail:chuo_volunteer@tamajs.chuo-u.ac.jp

 

<取材に関するお問い合わせ>
 中央大学広報室
  TEL:042-674-2050
  Email:kk@tamajs.chuo-u.ac.jp