白門ムービー駅伝2018年度

2年連続本戦へ!第95回箱根駅伝予選会

2018年10月13日、第95回東京箱根間往復大学駅伝競走の予選会が行われ、中央大学は8位で通過。本戦への切符を手に入れた。陸上自衛隊立川駐屯地をスタートし、立川市街地、国営昭和記念公園をめぐるコース。昨年までは20kmのコースだったが、今年は21.0975kmのハーフマラソンコースとなり、各校の戦い方にも影響が出た。 藤原監督率いる中央大学は、常に本戦での戦い方を意識し、それに向けて着実にトレーニングを積んできた。来年2019年1月2日、3日に開催される本大会では、シード権獲得、さらには上位にくい込むレースが期待される。 撮影・編集:中央大学放送研究会 企画制作:中央大学広報室

Cニュース 予選会へ! 駅伝選手達にインタビュー

箱根駅伝予選会を約1か月後に控えた9月中旬、中央大学陸上競技部長距離ブロックの全体練習が行われた。 Cニュースでは、監督、コーチ、そして選手たちに、予選会に向けての意気込みを聞いた。 撮影・編集:中央大学放送研究会 企画制作:中央大学広報室