第20回高校生地球環境論文賞の入賞作品

第20回高校生地球環境論文賞について、厳正なる審査を行った結果、下記の作品が入賞となりましたので、発表致します。(最優秀賞、優秀賞、佳作を受賞した論文は、後日、該当する論文を掲載予定となります。)

「第20回高校生地球環境論文賞」受賞者および論文

応募者氏名 タイトル
最優秀賞 浦上 慧伍 地域社会におけるエシカルポイントの活用に関する研究(780KB)
優秀賞 カメプロジェクト
(石井 日香留)
カメ問題から生まれた生物多様性の保全と循環型有機農業(1.1MB)
優秀賞 尾上 愛実 気温変化が野鳥に与える影響(838KB)
佳作 平井 亮太 LEDライトで育てたサンゴによる白化地域の再生を目指して ~サンゴと褐虫藻の共生メカニズム~(1.6MB)
佳作 中村 静香 タイ王国におけるごみ問題に国民が向き合う方法とは
―絵本の制作によるリユース方法の考案―
(678KB)
佳作 渡部 幸音 地球にはじめからあったもの(727KB)
入選 食品科学部
(草野 雄多)
再生可能資源竹を用いた新たな活用方法
入選 岐阜県立加茂高等学校
自然科学部
(天野 隼)
アルゼンチンアリの岐阜県への侵入経路の推定と道しるべフェロモンを用いた捕獲装置の開発
入選 森脇 花楓 光害対策~暗くて安心な私たちの生活~
入選 浅野 陽介 リモネンリサイクルを究める
入選 堀内 さやか 使い捨てプラスチックストローの有料化とマイストロー運動の提案
入選 リップルアメリ ユスリカと人間の共生〜生き物と共に生きるために〜
入選 伊藤 真衣 レジ袋とエコバック
入選 機能性高分子化学班
(池ヶ谷 咲妃)
カワノリのある街づくりを目指して
入選 阿部 菜乃華 牛、存亡の危機?!
入選 島本 龍太 蛇ヶ洞川の水質的課題に向き合う
入選 宮澤 恵理奈 身近にあるもので水不足に備えるには
入選 山田 大翔 持続可能な“ゴキブリ”の活用方法
入選 田中 暖乃 いらない服をごみにしない
入選 探究科7班
(関口 芽生)
これを見ればわかる!現在のプラスチックの現状
入選 応用微生物班
(植松 彩心)
プラスチックごみの実態調査と分解システムの構築
入選 遠近 深空 ブルーギルの防除活動からわかったこと
入選 横田 千花 SDGs実現へ向けた多様なアプローチが映し出すそれぞれの課題
入選 髙橋 瑠海 再エネ100%を目指して
入選 松浦 杏莉 移動手段の環境負荷低減を考える
入選 猪野 航大 生物多様性を破壊する生物(人間)の対策
入選 川野 結子 「with水害」 ~水害とともに生きるための考察~
入選 高橋 そら 未来の海を守るために
学校名
宇沢弘文記念学校賞 国際高等学校