広報・広聴活動プレスリリース

2016年10月05日

日本の国連加盟60周年「日本と国連の歩み」写真パネル展を10月13日(木)まで開催

 中央大学は、10月6日(木)~13日(木)多摩キャンパス中央図書館にて、日本と国連の60年の歩みを振り返り、今後、日本が国連を通してどのような国際貢献を行っていくかの展望もあわせて紹介する写真展を開催します。今回展示する外務省作成のパネルは、日本の国連加盟の歴史的瞬間や、国連で活躍する邦人の姿など30点余りにも及びます。

 本写真パネル展は学外の方もご覧いただけ、事前申込、入場料は不要です。

 

 中央大学図書館は、国際連合寄託図書館とEU(欧州連合)情報センターとの指定を受けています。国連本部附属ダグ・ハマーショルド図書館は、国連発行資料に世界中の人がアクセスできるよう寄託図書館制度を設けており、約140カ国でおよそ400の図書館が寄託指定を受け、国連資料を所蔵・管理しています。日本では現在14の図書館が国連寄託図書館として指定されています。中央大学は1994年に指定を受け、EU情報センターの機能と統合する形で、1995年に「国際機関資料室」を設置しました。この2つの役割を併設する図書館は全国で8館、関東では本学を含めて3館のみです。国連とEUをはじめとするさまざまな国際機関が発行する資料を収集し、一般にも公開しています。

 

■ 概要
日程:2016年10月6日(木) ~8日(土)、10月10日(月)~10月13日(木)

   中央図書館開館中(9:00~22:00)はご自由にご覧いただけます。
場所:多摩キャンパス 中央図書館1階ホール
内容:日本と国連の60年の歩みを振り返り、

         今後、日本が国連を通してどのような国際貢献を行っていくかの展望もあわせて紹介する写真展
対象:学内のみならず学外の方もご覧いただけます。

 

<本件に関するお問い合わせ>
 中央大学学事部学事課
  TEL:042-674-2125


<取材に関するお問い合わせ>
 中央大学広報室
  TEL:042-674-2050

  Email:kk@tamajs.chuo-u.ac.jp