広報・広聴活動プレスリリース

2015年09月15日

細胞内を移動するタンパク質「ダイニン」が 動いているときの構造が見えた!
—細胞内の物質輸送を行う分子モーターが動く仕組みの解明へ—

 中央大学理工学部 助教 今井 洋(元英国リーズ大学)、大阪大学大学院理学研究科 教授 昆 隆英、理化学研究所研究員 島 知弘(現東京大学大学院理学系研究科 助教)らの研究グループは、英国国立リーズ大学スタン=バージェス博士、ピーター=ナイト教授と共同で、細胞内で多種多様な物質輸送を行うタンパク質モーター「ダイニン」が駆動しているところを、低温電子顕微鏡法により直接観察することに成功しました。

 本研究をもとに、様々な疾患に関連したダイニンの変異体の可視化が実現すれば、将来、神経疾患や成長異常の原因の解明や治療などへの展開が期待されます。また、癌の原因の解明や治療への利用も期待されます。

 本研究成果は、英国のオンライン科学雑誌『Nature Communications』(日本時間平成27年9月14日(月)付)に掲載されました。

 

【お問い合わせ先】

<研究に関すること>

今井 洋 (イマイ ヒロシ)

中央大学理工学部 助教(生命科学科)

TEL: 03-3817-7188  FAX:03-3817-7102

E-mail: hiroshi.imai@kc.chuo-u.ac.jp            

 

<広報に関すること>

中央大学 研究支援室 加藤 裕幹  (カトウ ユウキ)

TEL 03-3817-1603,FAX 03-3817-1677

E-mail: k-shien@tamajs.chuo-u.ac.jp

 

研究内容の詳細は、以下をご覧ください。