広報・広聴活動プレスリリース

2014年10月25日

中央大学総長・学長の選任について(お知らせ)

酒井正三郎

 中央大学(東京都八王子市東中野742番1)は、平成26年10月25日(土)中央大学駿河台記念館において、理事会を開催し、次期の総長及び学長に、
 
商学部教授  酒 井 正三郎(さかい しょうざぶろう 64歳)

を選任しましたので、お知らせいたします。
 
< 参 考 >
1.総長・学長の任期:3年
2.総長・学長の就任日:平成26年11月6日
3.その他
①中央大学は、寄附行為の定めにより、大学には学長を置き、経営の最高責任者として、理事長を定め、学校法人中央大学が設置する学校(中央大学と附属学校)その他学術研究機関(研究所等)を総括統理する者として総長を置いています。
②総長は、総長選考委員会が選考した候補者について、理事会が選任します。昨年6月に前任者の福原紀彦(ふくはら ただひこ 60歳)が総長を辞任して以来、総長職務代行が置かれていましたが、この度、総長が正式に選任されました。
③学長は、学長選挙によって選ばれた者について、評議員会の議を経て理事会が選任します。来る11月5日に、現学長の福原が任期満了となることに伴い、去る10月5日に学長選挙が行われ、酒井が学長候補者に選出されました。
④したがって、総長と学長は、別機関ですが、酒井は、総長と学長を兼務することとなります。