広報・広聴活動プレスリリース

2019年05月16日

中央大学ビジネススクール 2019年度6月 公開模擬講義「先端医療(再生医療、遺伝子治療など)の進歩と法的課題」を開催

 中央大学ビジネススクール(所在地:東京都文京区春日1-13-27、研究科長:中村 博)では、社会人が学ぶ「ビジネススクール」や「MBAコース」の意義や特徴を広く社会に周知させることを目的として、一般に開かれた講座「体験模擬講義」を開催しています。
 2019年度の第4回は、真野 俊樹(戦略分野)と杉浦 宣彦(経営法務分野)の二名が講師を務めて講義を実施いたします。

 今回のテーマは「先端医療(再生医療、遺伝子治療など)の進歩と法的課題」です。
 医療分野はビジネスのオポチュニティが高いとみなされています。そのオポチュニティの中に最先端医療分野、すなわち、再生医療、遺伝子治療などがあります。一方で、この分野は倫理的な問題も含め法的な視点が配慮になります。今回の体験模擬講義では、前半で最先端医療の状況に触れながら、医学的な立場からみた議論の視点を紹介し、後半では、その先端性ゆえに課題となっている様々な法的責任をめぐる議論について、医療訴訟や個人情報・プライバシーなどの問題を通じて紹介します。

 つきましては、以下の概要にて本年度4回目の体験公開講義を実施いたしますので、開催告知およびご取材いただければ幸甚です。ご検討の程、宜しくお願い申し上げます。
 ご取材いただける場合は、別紙 「取材申込書」(PDF)を中央大学広報室へFAXまたはEmailにてご送付いただけますと幸甚です。

 なお、当日は、CBS MBAコース説明会として、模擬講義修了後に在学生・修了生を交えたCBSでの活動・生活に関する懇談も行われます。
 

開催概要

日 時:2019年6月8日(土)13:00~15:00(12:45開場)
会 場:中央大学 後楽園キャンパス 31102号室(東京都文京区春日1-13-27)
講 師:真野俊樹(中央大学ビジネススクール、戦略分野) 
            杉浦宣彦(中央大学ビジネススクール、経営法務分野)
テーマ:「先端医療(再生医療、遺伝子治療など)の進歩と法的課題」 
参加料:無料
申 込中央大学ビジネススクール公式HPのイベントより申込受付
備 考:CBS MBAコース説明会は、中央大学ビジネススクールの進学をお考えの方、MBAコースに関心がある方を対象とした入学説明会としてだけではなく、模擬講義のテーマ自体に興味のある方にもMBAを理解していただく為のイベントです。

講師略歴

真野 俊樹  中央大学ビジネススクール教授

 1987年名古屋大学医学部卒業 医師、医学博士、経済学博士、総合内科専門医、日本医師会認定産業医、MBA。臨床医、製薬企業のマネジメントなどを経て、中央大学大学院戦略経営研究科教授 
兼職として厚生労働省独立行政法人評価に関する有識者会議 WG構成員(座長)、東京都立病院経営委員会委員、公益法人日本生産性本部日本版医療クオリティクラブ(JHQC)運営委員長など
 「世界標準のトヨタ流病院経営」(薬事日報社、監訳)「新版 医療マーケティング」(日本評論社)、「入門医療政策」(中公新書)、「医療が日本の主力商品になる」(ディスカバー携書)、「比較医療政策」(ミネルバ書房)、「命の値段はいくらなのか?」(角川Oneテーマ新書)、「こんな医者ならかかりたい 最高のかかりつけ医の見つけ方」(朝日新書)、「日本の医療、くらべてみたら10勝5敗3分けで世界一 」(講談社+α新書)、「医療危機-高齢社会とイノベーション」(中公新書)「治療格差社会 ドラッカーに学ぶ、後悔しない患者学」 (講談社+α新書)など出版・講演も多く、医療・介護業界にマネジメントやイノベーションの視点で改革を考えている。

杉浦 宣彦  中央大学ビジネススクール教授

 中央大学大学院法学研究科博士後期課程修了 博士(法学)
 香港上海銀行、金融庁金融研究センター研究官、JPモルガン証券シニアリーガルアドバイザーなどを経て、中央大学大学院戦略経営研究科教授
 著書に『決済サービスのイノベーション』(ダイヤモンド社)、『電子決済ビジネス』(共著、日経BP社)、『モバイルバリューの社会システム』(共著、経済産業調査会)、リテール金融のイノベーションー貸金業における自律的市場の創設の向けて』(共著、金融財政事情研究会)、サイバーセキュリティ(共著、NTT出版)、『JAが強くなれば日本の農業は強くなる』(共著、ディスカヴァー・トゥエンティワン)など。
 兼職として、株式会社サンドラッグ社外取締役、株式会社銀嶺食品特別顧問、金融庁多重債務問題及び消費者向け金融等に関する懇談会構成員、福島市食品加工産業創出研究会座長など。
 金融法制やコンピューター法、コーポレートガバナンス、コンプライアンス論を中心に研究を進めており、医療・医薬関係の諸問題についてもドラッグチェーンの取締役の観点から検討を進めている。
 

中央大学ビジネススクール(CBS)について

 中央大学ビジネススクール(後楽園キャンパス 戦略経営研究科)は、働きながら学ぶビジネスパーソンに特化した大学院です。2008年の開設以来、これまで700人を超える修了生を輩出してきました。最新のビジネス理論を学べるだけでなく、ディスカッション形式での講義や実践的なフィールド科目を提供することで、多忙な社会人の学びの場を提供し続けています。
 

<本件に関するお問い合わせ>

 中央大学ビジネススクール事務室

  TEL:03-3817-7485 Email:cbs-info@tamajs.chuo-u.ac.jp

<取材に関するお問い合わせ>

 中央大学広報室

  TEL:042-674-2050 Email:kk@tamajs.chuo-u.ac.jp