広報・広聴活動プレスリリース

2019年05月09日

どなたでも学べる中央大学クレセント・アカデミー(生涯学習講座) 弁護士 菊地幸夫と考える「シニアライフと法知識」

 中央大学(学長:福原紀彦)では、社会に広く開かれた講座として「中央大学クレセント・アカデミー」を開講しています。既に四半世紀を越える歴史を積み重ねており、地域の皆さまをはじめ、ビジネスパーソン、本学の在学生・卒業生など、幅広い層と世代の皆さまに受講していただいています。中でも本学は1885年に創立された英吉利法律学校を源流としており、「法科の中央」として法律講座の充実を図っています。この度は、本学の卒業生でもあり、日本テレビ「行列のできる法律相談所」「スッキリ」などでもお馴染みの菊地幸夫弁護士を講師にお迎えして、『弁護士 菊地幸夫と考える「シニアライフと法知識」』と題して春期3回の講座を開講いたします。

 認知症患者の財産管理や養子、遺言など、暮らしの「法律」として理論や社会問題から実務の実態まで、日常生活に法知識を分かりやすくご紹介いただきます。なお、本講座も当日のご取材が可能となっております。ご取材いただける場合は、別紙 「取材申込書」 (PDF)を中央大学広報室へご送付いただけますと幸甚です。

 ご検討の程、何卒宜しくお願いいたします。

法務実務『弁護士 菊地幸夫と考える「シニアライフと法知識」』

 高齢化社会がますます進行し、社会で生起する諸問題の中で高齢者に纏わる者のウェイトは年々増加しているように思われます。高齢者が生き生きと生活するために、様々なトラブルに巻き込まれないようにするにはどうしたらよいか。御一緒に考える場としたいと思います。

講 師:菊地幸夫(弁護士・中央大学法学部卒業)
期 間:5月17日(金)、6月14日(金)、7月12日(金)各14:30~16:00
内 容:第1回 認知症 財産管理をどうする
    第2回 晩婚、養子、遺言
    第3回 相続手続きの流れ
会 場:駿河台記念館(東京都千代田区神田駿河台3-11-5)
受講料:8,800円
 

菊地幸夫(きくち ゆきお)氏プロフィール

 中央大学法学部卒業。元司法研修所刑事弁護教官。現在、社会福祉法人練馬区社会福祉事業団理事も務める。日本テレビ「行列のできる法律相談所」「スッキリ」をはじめ、数本の番組にレギュラーとして出演。弁護士業務の傍ら体力づくりにも勤しみ、各地のトライアスロン大会にも出場。地元小学生のバレーボールチームの監督なども務めている。

<本件に関するお問い合わせ>
 中央大学クレセント・アカデミー事務室
  TEL:042-674-2267 Email: crescent@tamajs.chuo-u.ac.jp

<取材に関するお問い合わせ>
 中央大学広報室
  TEL:042-674-2050 Email:kk@tamajs.chuo-u.ac.jp