広報・広聴活動プレスリリース

2018年09月11日

中央大学法学部通信教育課程が新潟法律大学校(新設)と提携

  中央大学法学部通信教育課程は、2018年9月5日(水)、新潟法律大学校(2019年4月開校)との提携調印式を行いました。提携により、新潟法律大学校の学生が、本学法学部通信教育課程を併修し、中央大学の学士(法学)を取得することが可能となります。
 新潟において法律を学ぶ場が減っている状況にあるなかで、本提携により、リーガルマインドを身に付けた人材の育成に貢献してまりいます。

 

提携の特色

 新潟法律大学校のカリキュラムは、本学通信教育課程のカリキュラムに則したものです。提携校として、単位互換制度や本学のオンデマンド型メディア授業を活用することにより、新潟県内で本学の課程を修了し、「学士」の学位を取得することが可能となります。

 

新潟法律大学校と中央大学法学部通信教育課程との提携調印式の様子

日程:2018年9月5日(水)
場所:NSGカレッジリーグ 学生総合プラザSTEP(新潟県新潟市)
出席者:新潟法律大学校 川﨑千春(常務理事)、荒木和義(学校長)、久代英俊(設置準備室長)
    中央大学 橋本基弘(常任理事・法学部教授)、遠藤研一郎(通信教育部長・法学部教授)

 

中央大学 通信教育部長・法学部教授 遠藤研一郎コメント

 社会全体として東京に一極集中する中、地方における教育のあり方は、今後の日本の大きな課題だと思います。そのような中で、今回の提携が、地方における法学教育の活性化の一助になればと願っております。また、次世代の(法学)教育をどのようにしていくかを考えるための1つの試みとも捉えられます。「学びの場の多様性(どこにいても学べるという視点)」は、通信技術が発展した今日の社会において、ますます重要になってくるのではないでしょうか。
 

 

<本件に関するお問い合わせ>

  中央大学通信教育部事務室

   TEL:042-674-2349

 

<取材に関するお問い合わせ>

  中央大学広報室

   TEL:042-674-2050

   Email:kk@tamajs.chuo-u.ac.jp