国際連携・留学新着ニュース

2019年06月25日

「りえんと多摩平244号棟」9月入居者募集

中央大学国際寮「りえんと多摩平244号棟」の9月入居者の追加募集を行います。

募集は私費留学生・日本人学生用として男女共に若干名を予定しています。申込は7月1日(月)から7月14日(日)までとなり、エントリーフォームからの申込となります。申し込み手続き等の詳細は、追加入居者募集要項でご確認ください。

国際寮「りえんと多摩平244号棟」は、日常生活を通じて異国の言語や文化、生活習慣に接し、国際感覚を涵養することを目的としたシェアハウスです。プライバシーが確保された個室2~3室が1ユニットになっており、寮生が集う共用ラウンジは、料理を作ったり、異文化交流を図ったりと、日々賑わっています。本学の日本人学生、私費留学生、そして協定大学からの交換留学生が、日常の生活を通じて自然に入居者相互の交流ができる仕組みになっています。施設概要は国際寮からご確認ください。

グローバル人材を目指す学生や、留学を志す学生等、多くの学生のご応募をお待ちしております。

~寮生からのメッセージ~

国際寮での生活は、私にとって今まで過ごしてきた学生生活の中で一番楽しい時間です。さまざまなバックグラウンドをもつ学生が集まるため衝撃を受けることも多いですが、それも文化の違いとして受け入れられるようになりました。ある留学生からの「喧嘩はビッグイベントじゃないよ!だから喧嘩を恐れないで思ったことは言ったほうがいいよ」という言葉は私にはとても新鮮でした。普段から沢山の刺激をもらえる国際寮は自分を成長させてくれる場所でもあります。
2019年度前期寮長 久松美南(法学部3年)
 

When I first arrived at Re-ent Tamadaira I was welcomed with open arms. Because every new student was supposed to arrive that day it was quite busy, but some dorm members assisted me right away. I can imagine some people might have a difficult time adjusting to life abroad and living with so many strangers with different cultural backgrounds, but I can assure you, you’ll find your place soon enough. Especially in a dorm like Tamadaira! The other students who live there really try to make you feel at home and after living here for over two months, I would call most of them my friends. Every now and then there is a dorm event like a sports day or birthday party.
To get to Chuo University from Re-ent Tamadaira it takes about 15 minutes by bus and on a clear morning you can even see Mt. Fuji on the route. In the communal lounge people regularly hang out, eat, play games, study or have a drink. So if you’re like me and you like to interact with different people from different cultural backgrounds, the Tamadaira lounge is definitely the place for you. I, myself definitely don’t regret coming to Japan and this dorm plays a big part in it!
Leander (Leo) Menkveld
Fontys University of Applied Sciences
The Netherlands