キャリアサポート新着ニュース

2016年03月02日

「秋田県と中央大学との就職支援に関する協定」について

秋田県佐竹知事(左)、酒井総長・学長(右)

2016年3月2日(水)15時より、秋田県庁本庁舎にて「秋田県と中央大学とのAターン促進に関する協定」について調印式を行いました。秋田県から佐竹知事、本学からは酒井総長・学長が出席し、秋田県と中央大学が相互に連携・協力に努め、学生に対し秋田県内の企業情報等を提供するなど就職活動を支援することにより、秋田県出身学生を中心にAターンの促進を図ることを確認いたしました。

中央大学の在籍者の約33%が首都圏(東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県)以外の出身者です。中央大学では、UIターン支援に力を入れており、2015年度は新潟県、香川県に続き、秋田県との協定が3都道府県目の締結となります。

中央大学では、全国18会場に入試会場を設け、東北地方からの入学者を積極的に受け入れております。また、在学生の学生生活についてもご父母の皆様に安心いただけるよう、全国で開催している父母懇談会や中央大学の機関誌「草のみどり」等を通して発信しております。

 

※Aターンとは

秋田県出身者もそうでない方も、みんな秋田へ来てください!!

との願いを込めたオールターン(ALL TURN)の“A”と秋田(AKITA)の“A”をかけた言葉です。