教育活動に関する三つの方針策定にあたっての基本方針

中央大学は、各学部・研究科において展開している教育活動について、質の保証と向上を図るために、三つの方針(「学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)」「教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)」「入学者受け入れの方針(アドミッション・ポリシー)」)を学部・研究科ごとに策定・運用します。

【三つの方針の内容について】

  • 三つの方針は、本学の建学の精神「實地應用ノ素ヲ養フ」や教育研究上の目的、ユニバーシティ・メッセージ「行動する知性。」等を踏まえ、各ポリシー間の一体性・整合性に留意しつつ、以下の項目について具体的に記述します。

「学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)」

<養成する人材像>
<卒業するにあたって備えるべき資質・能力>

「教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)」

<カリキュラムの基本構成>
<カリキュラムの体系性>

「入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー)」

<求める人材>

【三つの方針の運用について】

  • 三つの方針は、教育の質向上を継続的に図っていく内部質保証システムの核であるとの認識のもと、絶えず検証を行い、必要に応じて見直しを行います。
  • 検証活動は、各ポリシーの作成主体(各学部・研究科)と大学全体の内部質保証に責任を負う全学組織「中央大学 大学評価委員会」が二段階で行うことで、活動の妥当性を確保します。