大学紹介新着ニュース

2021年01月01日

新年のご挨拶 -理事長 大村雅彦-

理事長 大村雅彦

 明けましておめでとうございます。

 昨年は新型コロナ禍の影響を受けて、世界的にさまざまな社会活動が制約を受けることになりました。中央大学における教育研究活動も大きな変更を余儀なくされました。そんな中でも大学における学びの機会を保障するために急遽導入されたオンライン型授業は、学生の皆さんだけでなく教職員にも相当な負担になったと思います。双方の努力に心からの敬意とねぎらいを送りたいと思います。オンラインによる授業は今年も残りそうですが、対面型授業もできるだけ取り入れ、当分の間はその最適バランスを探ることになりそうです。その経験を経て、ポスト・コロナの時代の大学教育がどのように進化していくのかにも、注目したいところです。

 コロナ・ウイルスの猛威はとどまるところを知らず、本学の学生・生徒の間にも散発的に感染者がみられ、とりわけ体育寮では、三密を回避するためのさまざまな努力にもかかわらず、かなりの数の感染者が発生してしまいました。そのような状況の中でも、箱根駅伝予選会は無観客で開催され、本学の駅伝チームは堂々の2位で予選会を突破することができました。正月の箱根路も無観客で実施されるようですが、選手諸君が各自の力を最大限に発揮して活躍してくれることを期待しています。

 中央大学中長期事業計画「Chuo Vision 2025」は2021年度に6年目を迎えます。一昨年4月は国際経営学部と国際情報学部を開設することができました。昨年は3月に多摩キャンパスでグローバル館と国際教育寮が竣工を迎えましたが、折悪しく世界的なコロナ禍により、外国人留学生がほとんど来日できなかったために、まだ十分に活用されていません。今年は状況が改善されることを祈っています。本年4月には、学部共通棟(仮称)が竣工する予定です。多摩キャンパスの全学生に共通に役立つ機能が盛り込まれるとともに、ICTを活用した都心キャンパスとの連携も期待されます。

 法学部の都心移転は、丸ノ内線茗荷谷駅そばの新キャンパス(文京区)において展開することになります。昨年秋からすでに建設工事に取りかかっています。都心の既存2学部との連携が今後進むことが期待されます。さらに、駿河台記念館を建て替えて高層化し、学員の都心拠点を確保しながらロースクールとビジネススクールを収容する計画です。記念館があった場所はすでに更地になっており、まもなく建設に着手する見通しです。加えて、今年は1年延期された東京オリンピック・パラリンピックの開催が予定されています。本学在学生・卒業生のうちから合計20人の出場選手の輩出を目指しています。

 以上のような中長期事業計画の目玉施策だけでなく、常日頃の教職員の地道な活動を通じて教育研究の充実高度化と産学官連携を推進することや、大学と学員との連携を強化していくことが、中央大学を「世界に存在感のある大学」へと押し上げることにつながるものと確信しています。私どもも微力を尽くして参りますので、教職員の方々はもちろん、全国の学員の皆様のご協力・ご支援をどうぞよろしくお願い申し上げます。

 本年は、コロナ禍が少しでも下火になり、また皆様にとって実り多き年になりますよう祈念して、年頭のご挨拶と致します。

2021年1月1日          

学校法人中央大学 理事長 大村雅彦