全学連携教育機構(全学的教育プログラム)新着ニュース

2021年04月08日

FLP松野ゼミ制作・国際情報学部基礎演習17組協力のドキュメンタリーが、日本外国特派員協会主催のコンテストで第1位受賞

日本外国特派員協会が主催するジャーナリズム奨学金(THE SWADESH DEROY MEMORIAL SCHOLARSHIP AWARDS)の選考が行われ、中央大学FLPジャーナリズムプログラム松野良一ゼミが制作し国際情報学部基礎演習(17組)が協力したドキュメンタリーが、ビデオ部門で第1位を受賞しました。2021年3月25日に、オンラインで授賞式が行われました。

制作したドキュメンタリー「2020:The Year Stranded In The Online Space」は、新型コロナウイルスの影響により、オンライン空間に閉じ込められた大学生たちの本音を描いた作品です。この作品は、取材や制作を、スマートフォンとオンラインで行っています。

<審査員のコメント>
The judges said that it was a truly impressive work and beautifully done,and it gives intimate insight into what students have been through during the pandemic. The use of zoom meeting format is very effective. It was a creative use of an uncreative medium, and technically it was well structured and edited, and overall quite professionally done.

授賞式の様子はこちらから視聴いただけます。

https://www.fccj.or.jp/index.php/news-and-multimedia/swadesh-deroy-memorial-scholarship-awards-ceremony-march-25-2021
12:56付近 ビデオ部門の発表
25:08付近 審査員コメント
 

 

<問い合わせ先>
FLPジャーナリズムプログラム松野良一ゼミ
MAIL : matsuno◎tamacc.chuo-u.ac.jp(◎を@にかえて送信してください)