文学部新着ニュース

2021年09月10日

フランス語文学文化専攻 田口卓臣教授が、シンポジウムに登壇します。

田口卓臣教授が、10月29日(金)、立命館大学のシンポジウム(オンライン開催)に登壇します。

 

登壇するのは、連続講座「“病”との接触――災厄を記憶する」における、第4回「原発禍からコロナ禍へ――連鎖するカタストロフィを考える」です。

 

田口教授の発表タイトルは、以下のとおりです。

「〈人間〉を超え出づるものたちに関する二、三の注釈――核災と疫病を手がかりとして」

 

当日のウェビナー・リンク(誰でも参加可能)

 

 

田口教授のプロフィールについては、フランス語文学文化専攻 語学文学文化コースの新Webサイトでごらんください。