文学部三つの方針

学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

<養成する人材像>

 文学部は、「文」すなわち広い意味での文化と、人間の様々な営みに関わる多様な学問を学ぶ場です。文学部は「實地應用ノ素ヲ養フ」という中央大学の建学の精神をふまえて教育を行い、多様性を認め互いを尊重し合うことが求められる現代社会において、専門的学識と幅広い教養を持ち、言語・文化・社会についての素養、つまり「人を読み解く力」を備えた人材を養成します。

<卒業するにあたって備えるべき資質・能力>

 文学部では、所定の教育課程を修め、以下のような知識・能力・態度等を身につけた人材に対し、学士(文学・史学・哲学・社会学・教育学)の学位を授与します。

  1. 専門的学識:各専攻の学問分野において求められる専門的な知識を備えている。
  2. 幅広い教養:多種多様な科目から得られた幅広い教養を身に付けている。
  3. 複眼的思考:専門的学識と幅広い教養を併せ持つことにより、複眼的に思考し、多様な社会に柔軟に対応することができる。
  4. コミュニケーション力:自分の考えを相手に伝え、理解を得るとともに、相手の考えを理解することができる。
  5. 主体性:主体的に自ら学び続けることができる。

教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

<カリキュラムの基本構成>

 文学部は、人文社会学科に、「国文学専攻」「英語文学文化専攻」「ドイツ語文学文化専攻」「フランス語文学文化専攻」「中国言語文化専攻」「日本史学専攻」「東洋史学専攻」「西洋史学専攻」「哲学専攻」「社会学専攻」「社会情報学専攻」「教育学専攻」「心理学専攻」の13の専攻を設置しています。

 深い専門性と幅広い教養を備えた人材の養成をめざす文学部では、学位授与の方針に掲げる知識・能力・態度等を修得できるよう、以下の点を踏まえて教育課程を編成します。

  1. 専攻科目群:専攻ごとの専門教育における知的訓練のための科目を配置し、それぞれの学問分野の専門的知識を修得します。
  2. 総合教育科目群:幅広い視野と複眼的な発想を得るための科目を配置し、幅広い教養と自ら学ぶ力を養います。
  3. 自由選択科目群:学生の多様な学びを促進するために、学部間共通科目、自由選択科目(他学部・大学院履修科目等)の履修が認められています。所属専攻の専攻科目や総合教育科目の単位を充てることもできます。自分の志向に合わせてカリキュラムを組むことを通じて、主体的に学ぶ力を養います。

<カリキュラムの体系性>

 文学部では、授業科目を体系的に配置し、学生が段階を踏んで学修を進める環境が整えられています。また、関心に応じて自分の学びを主体的に組み立てる自由を保障することで、学修意欲と学修成果の向上を図っています。

  1. 初年次共通教育:総合教育科目群の初年次教育科目、外国語科目等を通じて、大学生としての基礎的知識と技能を身につけます。
  2. 1・2年次:各専攻の学問分野の概論、基本的な知識と技法を学びます。
  3. 3・4年次:1・2年次の学修を踏まえて、より専門性の高い学び、個々人の問題関心に応じた学びへと移行し、専門的学識と方法論に支えられた分析力、思考力、判断力、表現力等を鍛えます。
  4. 全年次:専攻科目群の履修を通じて専門的な知識と技能を得ることと並んで、総合教育科目群、自由選択科目群の履修を通じて幅広い視野と複眼的な思考、自分の学びを自分で組み立てる主体性を養います。

入学者受け入れの方針(アドミッション・ポリシー)

<求める人材>

 文学部では、人文科学系(言語、文学、芸術、歴史、哲学)・社会科学系(社会、情報、教育、心理)を含む多様な学問研究を通じて、現象の本質を洞察し概念化する想像力・創造力を養うことにより、専門的学識と幅広い教養を持ち、言語・文化・社会についての素養、つまり「人を読み解く力」を備えた人材を養成することを目的としています。この目的を達成するため、次のような学生を求めています。

  • 日本と世界各地の言語、文学、文化、歴史、社会に広く関心を寄せる人
  • 人間の思考や行動、人間関係や社会構造について深く探究する意欲をもつ人
  • 鋭い感性と幅広い教養を身に付けたいと考える人
  • 論理的な思考力、柔軟な発想力、的確な表現力を養いたいと考える人

 以上に基づき、次のような知識・能力・態度等を備えた学生を多様な選抜方法によって受け入れます。

  • 高等学校段階までの学習において、国語、外国語、歴史、数学等の内容を幅広くかつ十分に理解している。(知識・技能)
  • 論理的にものごとを考える基礎力を備えている。(思考力・判断力・表現力)
  • 言語、文化を学ぶ基礎としての日本語と外国語の読解力と表現力を備えている。(思考力・判断力・表現力)
  • 人間と社会に関心を持ち、自ら主体的に学ぼうとする態度と意欲を有している。(主体性・協働性)

専攻で定めるポリシー

 文学部では、各専攻で以下のようにポリシーを定めています。

【専攻において養成する人材像】

 国文学専攻では、現代まで日本語によって創り上げられてきた文献、芸術、文化の豊かな世界を学びます。そして人間および言語情報を分析する力を養い、それを生かして現代、未来を捉える能力を持つ人材を養成します。

 英語文学文化専攻では、高度な英語運用能力を養うとともに、英語学および英語圏の文学や文化の専門教育を通して、ことば・文学・文化に関する深い知識をもつ学生を養成します。

 ドイツ語文学文化専攻では、学術言語としてのドイツ語の力を身に付け、活用しながら、ドイツ語圏の言語・文学・文化・歴史の各分野に関する専門の学びを深めることを教育目標としています。4年間の学びを通して、広範かつ専門的な知識・方法と実践的な経験知を身に付け、グローバルな社会や文化の多様性を理解し国際交流に貢献できる人材を養成します。

 フランス語文学文化専攻では、フランス語能力を獲得し、それを基礎としてフランスの文学と文化について(語学文学文化コース)、またフランスを中心とする西洋美術史と文化としての美術館のあり方について(美術史美術館コース)、確実な知識と思考力を持つ人材を養成します。

 中国言語文化専攻では、中国の諸事情を適切に理解するために、人々の暮らし・考え方の背景となる歴史や文化についての正確な知識と、高度な中国語運用能力を身に付け、中国に持続的な関心を払い、現地の情報を自分の目と耳で確かめることができる能力を有する人材を養成します。

 日本史学専攻では、日本列島の社会に関わる過去のいろいろな出来事や文物を、史料(資料)を通じて明らかにし、それらの因果関係を探り、その意味を解明することによって、現代の問題を考え未来への豊かな洞察力を持つ人材を養成します。

 東洋史学専攻では、アジア・アフリカに暮らす人々が築き上げてきた歴史を確かな史料に基づいて実証的に把握することを通じて、アジア・アフリカの人間と社会を深く理解し、現代世界の抱える様々な問題について主体的に考えることのできる人材を養成します。

 西洋史学専攻では、異文化に対する豊かな感性を養うこと、また、自らが「西洋」を、そして世界をどのように見るかを考え、主体的に問題を設定して必要な情報を蒐集し、分析し、自分独自の見解を作り上げる能力を持つ人材を養成します。

 哲学専攻では、古今東西の思想・哲学を広く身に付け、ものごとを根本的に考え、人生の諸問題にすぐれた解決法を探りだす力をもつ人材を養成します。既成の考え方ではなく、時代を超えた普遍的なものの考え方や思考様式を身に付け、さまざまな分野の最先端の動向にも常に目を配る人材であることが望ましい。言語、時間、存在といった世界の枠組をなす概念に関心をいだき、徹底して論理的思考を貫くような人材を養成します。

 社会学専攻は、現代社会を〈Global〉グローバルに思考しつつも、〈Clinical〉微細に臨床的に観察し、〈Visionary〉未来を見通す知を養い、他者とともに、この先の社会を構想し、築いていく実践者が成長していく場です。国内外で実際に社会調査する実力を養成し、社会を理論的に考察する社会構想者たる人材を養成します。

 社会情報学専攻には、2つのコースがあります。「情報コミュニケーションコース」では、メディアや文化に関する理論と実態を学び、社会に関する情報の能動的・科学的な分析方法を体得することで、高度情報社会で活躍する人材を養成します。「図書館情報学コース」では、社会情報学の理論や情報処理の技術、情報メディアの知識を基盤として、情報管理技術の全体像を立体的に理解し、それを現実の問題に応用できる人材を養成します。

 教育学専攻では、学校教育の問題だけではなく、子どもからおとな、高齢者に至るまでの人間の生涯全体にわたる教育や学習文化活動のあり方を学び、教育についての幅広い見方や考え方を持つ人材を養成します。

 心理学専攻では、知覚、学習、認知、発達、教育、臨床、健康などの各分野において、人間心理理解のための理論を学び実証する高い能力を持つ人材を養成します。

【入学希望者に向けて入学前に修得しておくことが望まれる学修内容・学力水準等】

1.教科・科目毎に求める能力(専攻共通)

「国語」:母語に対する知識と関心を持ち、日本および世界の文学史における基本的な文学作品を読破していること。特に現代文については、新聞の社説あるいは新書・概説書程度の論説文を読みこなせる読解力と、同程度の論理的な内容の文章を書く文章力を身に付けておくこと。

「外国語」:母語以外の外国語を修得することによって、母語を相対化し、言語一般が重要であること認識していること。新聞記事程度の日常的で短い文章を、辞書を用いなくてもおおよそ理解できるだけの読解力と、自分の考えや感情を簡潔に伝えられ、電子メールを書ける程度の表現力を身に付けておくこと。

「日本史」「世界史」:歴史全体の流れを把握しておくこと。

「数学」:論理的にものごとを考える基礎力が養われていること。

2.専攻毎に求める能力

国文学専攻

  • 現代文・古文・漢文:さまざまな文章を読む楽しみを体験しておくこと。

  • 日本史・世界史・地理:文学の歴史的背景を理解しておくこと。

英語文学文化専攻

  • 外国語:少なくとも英検二級程度の英語運用力を身に付けておくこと。

  • 社会:人類の歴史や現代の世界情勢への広い関心を持つこと。

ドイツ語文学文化専攻

  • 外国語:論理的な文章を読んだり書いたりする基礎力を身に付けておくこと。

  • 世界史:特にヨーロッパの歴史を学んでおくこと。

フランス語文学文化専攻

  • 外国語:基礎的学力を十分身に付けておくこと。

  • 世界史・地理:ヨーロッパの歴史と地理に関心を持つこと。

中国言語文化専攻

  • 国語:論理的な文章を読んだり書いたりする基礎力を身に付けておくこと。

  • 外国語:平易な文章を読んだり書いたりする基礎力を身に付けておくこと。

  • 世界史:特に中国の歴史を学んでおくこと。

日本史学専攻

  • 高校で学ぶ日本史Bの内容を十分に理解し、基礎的な歴史用語について学修しておくこと。
  • 中学・高校で学ぶ世界史・地理について基礎的な内容を理解できるよう、学修しておくこと。
  • 歴史史料に接することができるよう、高校で学ぶ古文・漢文について基礎的な読解力を身に付けておくこと。
  • 海外の資料や論文に接することができるよう、英語について高校で学ぶ基礎的な読解能力を身に付けておくこと。

東洋史学専攻

  • 現代文:新聞の社説あるいは新書・概説書程度の論説文を読みこなせる読解力と、同程度の論理的な内容の文章を書くことのできる文章力を身に付けておくこと。

  • 漢文:中国史を専門に学ぶ場合は、漢文の基本句形を理解していること。

  • 古文:中国史を専門に学ぶ場合は、古文の文法の規則に習熟していること。

  • 外国語:新聞記事程度の日常的で短い文章を、辞書を用いなくてもおおよそ理解できるだけの読解力と、自分の考えや感情を簡潔に伝えられ、電子メールを書ける程度の表現力を身に付けておくこと。

  • 日本史:日本史の大まかな流れや出来事について、高校の教科書に書かれている程度の内容を理解していること。

  • 世界史:世界史の大まかな流れや出来事について、高校の教科書に書かれている程度の内容を理解していること。

西洋史学専攻

  • 外国語:論理的な文章を読んだり書いたりする基礎力を身に付けておくこと。

  • 日本史・世界史:歴史全体の流れを把握しておくこと。

  • 国語:レポートや論文を作成するのに必要な読解力と文章力を養っておくこと。

哲学専攻

  • 国語(現代文、古文、漢文):論理的な思考をし、論理的な分析をし、論理的な文章を書くことができること。さまざまな文学作品(小説、詩、評論、古典など)を多く読んでいること。できれば、哲学書や思想・宗教関係の本も読んでいること。

  • 外国語(英語など):外国語の文章をきちんと解釈する基本を習得していること。文法に則って、外国語を読解する能力を身に付けていること。

  • 倫理:西洋、東洋の思想・哲学の歴史を一通り知識としてもっていること。有名な思想家や哲学者や宗教家の学説や考え方を知っていること。

  • 世界史、日本史:歴史についての基本的な知識をもっていること。

社会学専攻

  • 国語:論理的な文章読解能力や文章作成能力などの基礎力を身に付けておくこと。

  • 外国語(英語など):論理的に文章を読解する基礎力を身に付けておくこと。

  • 日本史・世界史:歴史全体の流れを適切に理解する基礎力を身に付けておくこと。

  • 政治・経済:政治・経済の仕組みや歴史を適切に理解する基礎力を身に付けておくこと。

社会情報学専攻

  • 国語:論理的な文章の読解力、および文章作成の基本的能力〈段落の構成、語彙など〉を身に付けておくこと。

  • 数学:数学Ⅰ・Aを履修していること。データの処理、分析、解釈に必要な数学の基礎的知識を身に付けておくこと。

教育学専攻

  • 国語(現代文):論理的な文章を読みこなす読解力と、論理的な文章を書くことができる基礎的な力をつけておくこと。

  • 外国語:ホームページや新聞記事程度の英文を読む力を持っていること。

  • 日本史・世界史:歴史についての基本的な知識をもっていること。

  • 現代社会、政治・経済、倫理についての基礎的な知識をもっていること。

心理学専攻

  • 数学:心理学は実証研究の過程で統計学の手法を駆使するため、数学的思考能力を身につけておくことが望ましい。特に、数学Ⅰでは「データの分析」、数学Aでは「場合の数と確率」、数学Bでは「確率分布と統計的推測」の分野を重点的に学んでおくこと。

  • 英語:心理学では最新の研究成果を学ぶために学部生のうちから英語の学術論文を読みこなす必要がある。そのため、高校時代にある程度の英文解釈力を身に付けておくこと。

  • 生物学:発生学、進化論といった領域の基本的事項を学んでおくこと。

  • 倫理:研究遂行のための倫理、臨床を行う上での倫理といったことの基本となる倫理学を学んでおくこと。