中国言語文化専攻専攻概要

言葉を磨く。文化を究める。中国を見つける。

飛躍的な経済発展とともに政治・外交面でも存在感を増している中国。同じアジアの隣国として、私たちの日々の生活にも密接な関係を持っています。しかししばしば報道されるように、両国の人々の相互理解は必ずしも深まっているとは言えません。このような状況のもとで、私たちが目指すことは、中国に持続的な関心を払い、中国の諸事情を正しく理解することです。

そのために、中国言語文化専攻では、2つの大きな教育目標を掲げています。

1.高度な中国語運用能力を養い、現地の情報を自分の目と耳で確かめる。

2.人々の暮らし・考え方の背景となる歴史や文化について、正確な知識を身につける。

「言葉」と「文化」は、中国を理解するために欠くことのできない車の両輪です。私たちは「言葉」と「文化」の両方を学んで初めて、中国とはどのような国か、中国人とはどのような人々かを理解することができるのです。