文学部新着ニュース

2021年07月05日

フランス語文学文化専攻 田口卓臣教授が、読売新聞に寄稿しました。

田口卓臣教授のエッセーが、読売新聞2021年7月4日(日)11面(「文庫×世界文学 名著60」)に掲載されました。

 

エッセーのタイトルは、以下の通りです。

 

「疫病による二重の「流刑」 アルベール・カミュ著『ペスト』」

 

*記事の閲覧には、会員登録が必要です。
 
 

田口卓臣教授のプロフィールについては、フランス語文学文化専攻 語学文学文化コースの新Webサイトでごらんください。