文学部映画「きらきら眼鏡」試写会・トークショー(2018年7月13日実施)

2018年7月13日(金)16:40~19:30、中央大学多摩キャンパス3号館にて、中央大学出身で、学生時代に大学で知り合った同級生という間柄である映画監督 犬童一利氏(商学部卒業)と脚本家 守口悠介氏(文学部卒業)による映画作品の試写会とトークショーを行いました。

当日は、約70名の学生・教職員が参加し、映画「きらきら眼鏡」を鑑賞しました。映画鑑賞後に行った犬童監督と守口氏のトークショーでは、お二人の学生生活、監督・脚本家になる前の社会人生活にも触れていただき、学生からは映画の感想以外にも進路の悩みなど数多くの質問が寄せられました。

映画鑑賞とトークショーを通じて、在学生に卒業生の活躍されている姿を実感してもらえるイベントになりました。

概要

日時    :2018年7月13日(金)16:40~19:30
場所    :中央大学 多摩キャンパス3号館3114教室

スケジュール:
16:40~16:45 中央大学文学部長 宇佐美毅より挨拶
16:45~16:55 犬童一利監督および脚本家 守口悠介氏よりご挨拶、作品紹介
17:00~19:00 映画「きらきら眼鏡」上映(121分)
19:00~19:30 犬童監督、守口氏のトークショー、質疑応答
※司会進行:文学部教授 大田美和

対象    :中央大学学生、中央大学教職員
主催    :中央大学商学部、中央大学文学部

犬童一利氏プロフィール

1986年生まれ。神奈川県出身。中央大学商学部卒業。映画監督作に、『カミングアウト』(14脚本・監督)、『早乙女4姉妹』(15/脚本・監督)、第11回大阪アジアン映画祭コンペティション部門正式出品、第19回上海国際映画祭パノラマ部門正式出品の『つむぐもの』(16)がある。

守口悠介氏プロフィール

1985年生。神奈川県出身。中央大学心理学専攻卒業。脚本を手掛けた映画は、『つむぐもの』(16)、『ラオス 竜の奇跡』(17)、『こはく』(2019公開予定)などがある。主なテレビドラマに、「土俵ガール!」(10/TBS)、「相棒」(11~/EX)、『世にも奇妙な物語』(14~/CX)、「警視庁・捜査一課長」(16/EX)、「フリンジマン」(17/TX) 、「オー・マイ・ジャンプ!」(18/TX)などがある。

作品概要

第21回上海国際映画祭 正式出品決定。
「最後の1ページまで切ない・・・」と絶賛された恋愛小説、待望の映画化!
大切な人がいなくなる。その時どう生きる―?

金井浩人 池脇千鶴/古畑星夏 杉野遥亮 片山萌美 志田彩良/安藤政信
原作:森沢明夫「きらきら眼鏡」(双葉文庫)
エンディング曲:「Reminiscence~回想~」柏木広樹feat.葉加瀬太郎&西村由紀江
監督:犬童一利 脚本:守口悠介
配給:S・D・P 宣伝:アゲハテイル/エレクトロ89