国文学専攻新着ニュース

2019年10月03日

【新刊案内】文学部教授 関礼子 著『演じられる性差 日本近代文学再読』

 

 『演じられる性差 日本近代文学再読』
 

  関 礼子 著

 

  翰林書房 2019年5月
  ISBN:9784877374389
  定価:本体3,800円+税

 

 [帯] 情報 ---------------

  樋口一葉から男性作家を挟んで水村美苗まで
  「演じられる」性差の表象を問う。
  書き下ろし6本を含む、日本近代文学「再読」の試み。

 ---------------

 

目次などの詳細はこちらからご覧ください