英語文学文化専攻新着ニュース

2020年08月03日

文学部教授 髙尾直知 著『〈嘆き〉はホーソーンによく似合う』が刊行されました。

文学部教授 髙尾直知 著『〈嘆き〉はホーソーンによく似合う』が刊行されました。

近代アメリカ文学を代表する小説家、ナサニエル・ホーソーンの作品を、長編はもとより初期短編から後期エッセイ、未完の作品まで含めて論じる研究書です。

 

髙尾直知 著『〈嘆き〉はホーソーンによく似合う』

出版社:中央大学出版部 

サイズ:408ページ

ISBN:978-4-8057-5182-4

定価:本体3,800円+税